人生にゲームをプラスするメディア

岩田聡氏がDSの勝算や次世代機についてコメント

ゲームビジネス その他

11月19日の日経産業新聞に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。インタビューではニンテンドーDSの勝算などが語られています。

まずニンテンドーDSの予約受付開始に伴う反応について、岩田氏は特にインターネットでは枠が埋まったと聞いていて、受注も11月上旬時点で200万台を突破したと話しています。年内出荷は100万台を少し超える程度で、中国での生産委託先を1箇所増やす準備に着手したそうです。

新たな層を取り込む施策については、UTADAを取り上げたCMを挙げて、最初からゲームを大写しにするのではなく、ゲームを楽しんでいる様子を写すことで、関心のなかった人にも「なんだかわからないけど面白そう」と興味を持ってもらうようにした、と説明しています。

GBAとDSの棲み分け策については、「日本の消費者は新しい物に飛びつく傾向があるが、米国では所得によって購買する価格層がはっきり分かれる」としています。つまり日本では棲み分けできないって事ですか。

次世代機でDSのように新手法を取り入れるか、という問いには「DSでは、ハード・ソフト一体型企業の強みを出せたと思う。開発中なので詳しいことはいえないが、従来の延長線上でないゲームにすることは確かだ」としました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

    ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  2. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

    『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  3. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

    株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  4. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  5. カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  8. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  9. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  10. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

アクセスランキングをもっと見る