人生にゲームをプラスするメディア

「NESクラシックス」第2弾は10月発売

米国版の「ファミコンミニ」の「NESクラシックス」の第2弾が10月に発売される模様です。国内での爆発的な売上、とまではいきませんが米国でも大成功を収めたようです。第1弾では一部のタイトルが抜けていたりしましたが、今回もそうなるのかなどは不明です。以前、NOAのサイトでアンケートが実施されていましたから、国内とは全く違うラインナップになる可能性もあります。

任天堂 GBA
米国版の「ファミコンミニ」の「NESクラシックス」の第2弾が10月に発売される模様です。国内での爆発的な売上、とまではいきませんが米国でも大成功を収めたようです。第1弾では一部のタイトルが抜けていたりしましたが、今回もそうなるのかなどは不明です。以前、NOAのサイトでアンケートが実施されていましたから、国内とは全く違うラインナップになる可能性もあります。

ちなみに「NESクラシックス」の第1弾タイトル

1. Super Mario Bros. (任天堂)
2. Donkey Kong (任天堂)
3. Ice Climber (任天堂)
4. Excitebike (任天堂)
5. The Legend of Zelda (任天堂)
6. Pac-Man (ナムコ)
7. Xevious (ナムコ)
8. Bomberman (ハドソン)

国内の第2弾タイトル

11.『マリオブラザーズ』(任天堂)
12.『クルクルランド』(任天堂)
13.『バルーンファイト』(任天堂)
14.『レッキングクルー』(任天堂)
15.『ドクターマリオ』(任天堂)
16.『ディグダグ』(ナムコ)
17.『高橋名人の冒険島』(ハドソン)
18.『魔界村』(カプコン)
19.『ツインビー』(コナミ)
20.『がんばれゴエモン!からくり道中』(コナミ)
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

    『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  2. 『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

    『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』アプデで、フゲンが使う環境生物の当たり判定に修正―里長がついに脱“カエル初心者”へ

    『モンハンライズ:サンブレイク』アプデで、フゲンが使う環境生物の当たり判定に修正―里長がついに脱“カエル初心者”へ

  4. 『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

  5. 『スプラトゥーン3』ジャイロ操作に違和感があったら、「補正」を試して!知っておきたい2つの方法

  6. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』10月6日22時に最新映像公開へ!21時からは事前番組も放送

  7. 『スプラトゥーン3』おすすめのヘッドセットを紹介!オーディオミキサーを使えばボイスチャットも簡単に

  8. 「Nintendo Live 2022」音楽ライブ“『あつ森』&『スプラ3』”は誰でも楽しめる!最終公演のみライブ配信を実施

  9. スイッチ版『東方剛欲異聞 ~ 水没した沈愁地獄』10月20日配信決定!新たに「饕餮尤魔」がプレイアブル参戦

  10. 『ポケモンSV』名前に隠されたヒント…ウミディグダはダグトリオにならない可能性!

アクセスランキングをもっと見る