人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディユニバーサルゲームズが日本参入決定

フランスのメディア複合企業、ビベンディユニバーサルのゲーム部門であるビベンディユニバーサルゲームズが日本市場に参入することが25日発表されました。当初はGBAとPS2にハードを絞り、今年中に5タイトルを発売する予定だそうです。

ゲームビジネス その他
フランスのメディア複合企業、ビベンディユニバーサルのゲーム部門であるビベンディユニバーサルゲームズが日本市場に参入することが25日発表されました。当初はGBAとPS2にハードを絞り、今年中に5タイトルを発売する予定だそうです。

発表会では日本支社代表・ニコラ ディ コスタンゾ氏が「VUGは日本ゲーム市場にターゲットを絞った5つのタイトルを厳選し200年内にリリースする予定です。今回の日本参入には過去のライセンス事業を通じて得られたノウハウを生かしますので、ご支援のほどよろしくお願いします」と挨拶しました。

VUゲームスでは映画「ヴァン・ヘルシング」を題材にしたゲームや『クラッシュバンディクー』、『スパイロ』などを発売していくそうです。以下は今回発表されたタイトルです。

・PS2 ヴァン・ヘルシング 9月16日発売
・GBA クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・GBA スパイロ アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・PS2 レッド・ニンジャ(仮) 12月発売
・PS2 クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュ&コルテックスの野望 12月発売

Gparaに掲載されているニコラディ コ スタンゾ氏へのインタビューよればゲームキューブでの発売も検討されたが今回はGBAとPS2のみになったようです。DSやPSPなどに関しては「興味はあるがも言えない」とのこと。任天堂は好き、とのことで期待したいですね。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  3. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

    【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  4. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. 業界人向け情報発信・共有イベント「for the Win」7月17日開催―アカツキ・ポケラボ・WFSのプロデューサー&マーケターがアプリの裏側を語る!

  8. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

アクセスランキングをもっと見る