人生にゲームをプラスするメディア

岩田社長がオーストラリアやオンラインなどについてコメント

オーストラリアの朝刊紙「ヘラルド・サン」の6月2日号に岩田聡社長のコメントが掲載されていたそうです。

ゲームビジネス その他
オーストラリアの朝刊紙「ヘラルド・サン」の6月2日号に岩田聡社長のコメントが掲載されていたそうです。

岩田氏は未だオーストラリアには行った事が無く、ゲームキューブ不調の原因を知るためにも訪問する事を計画しているそうです。「最初に、ゲームキューブが世界中の中でも特にオーストラリアで悪い成績である事がとても残念に思います」と岩田氏はコメントしています。

「任天堂の使命はユニークで先例の無いゲームをプレイヤーに提供する事です」。一方で他社はそれを理解してないと岩田氏は感じているそうです。「彼らは機能を増やす事によってのみハードを売る事が出来ると考えているように思えます。ユーザーに新しいゲームハードを売るつもりなら私達はこれまでに例の無いゲームを作らなければなりません」

オンラインゲームに関しては「Xbox Liveの会員は100万人?それは成功とは言いません。家庭用機であれば完全な失敗です。しかしながら将来ネットワークがゲームの重要な一部になると私は信じます。そのときが来れば任天堂のビジネスにとっても重要な一部を成すようになるでしょう」と述べています。

岩田氏はこれまでのハードの進化がグラフィックの進歩など、目に見える分かり易いものだったのに対して、今後のそれは必ずしもそうはならないだろうと述べています。そして今後はユーザーの想像力を掴むために違うことをやる勇気が求められるだろうと言います。

「任天堂は20年前にビデオゲームの標準をつくりました。そこにはテレビがあり、両手にはコントローラーがあります。私達は任天堂自身が作り出したものを突き破る事を躊躇してはなりません」

「それこそがイノベーションです」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

    アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

  3. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  4. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  5. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  6. 次世代ゲームの作り方を模索、PS4『KNACK』開発チームインタビュー・・・GTMF 2014直前インタビュー

  7. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  8. 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. グリーンピース、今度は任天堂を0.3点と採点―「グリーンエレクトロニックガイド」

アクセスランキングをもっと見る