人生にゲームをプラスするメディア

次世代ワールドホビーフェア『ゼルダの伝説4つの剣+』

任天堂 GC

去る1月24日、25日千葉・幕張メッセにて「第19回 次世代ワールドホビーフェア(以下WHF)」が開催されました。

多くの家族連れにより、会場内は熱気があふれていました。何処のブースも人だかりで歩くのも大変な状況。何処の試遊台も30分から160分待ちになるほどでした。東京ゲームショウよりも人口密集率は高かったかもしれません。




さて、今回の会場では任天堂ブースで『ゼルダの伝説4つの剣+』を体験することが出来ました。5台のGCが用意され、うち1台はステージ上での対戦が行われていました。各試遊台での対戦に勝利するとプレゼントとして「リンク人形」が貰え、また時間帯により遊べるモードが異なっており、「ハイラルアドベンチャー」、「ナビトラッカーズ」、「シャドウバトル」の順で数時間ごとに切り変わり、それぞれで貰えるリンク人形の色が違うという。

という訳で人形欲しさに、実際に「シャドウバトル」をプレイ。

単純に相手のリンクの体力を無くすという簡単なルールで、こちらは1回のバトルではなく、数回のバトルの勝利ポイント(1勝=1ポイント)を競う仕組み。選べるステージは最初は5種類、何らかの条件でオープンするであろう隠しステージが5種類の計10ステージ。
リンクのアクションはお馴染みの回転切りを始め、ジャンプ、飛び込み切り、下切り、ジャンプ、持ち上げる、アイテムとして弓・パチンコ等多数。どれも簡単な操作で行えます。
触れてみると操作は軽快で、画面エフェクトの美しさにも目を惹かれます。実際の対戦のほうは4人でハチャメチャ楽しめました。家の中に居るコッコを切ると外ではコッコ軍団の襲来があったり、スイッチを押すと落とし穴を空けたりと、ギミックも多数あります。たとえ真っ先に死んでも、這いずり回ってスイッチを押すことで仕返しをしたいも出来ました。

戦績は惨敗・・・真っ先にやられてしまいました。「リンク人形」の写真を掲載したかったのですが叶いません。と思っていたら一緒にプレイしていたgameonlineの方が優勝してたので写真を頂きました。


写真提供:gameonlineさん


可愛すぎます。是非譲って頂きたいです。

《Decors》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  3. 【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

    【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

  5. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  6. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  7. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

  8. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

アクセスランキングをもっと見る