人生にゲームをプラスするメディア

元ブリザードとノーティードッグが開発スタジオを設立

ゲームビジネス その他

『クエイク』などで知られるブリザード・エンターテインメントと『クラッシュバンディクー』で有名なノーティドッグの元スタッフがReady At Dawn Studiosという開発スタジオを米カリフォルニア州タスティンに設立しました。

新しい開発スタジオは元ノーティドッグのシニアプログラマのDidier Malenfantと元ブリザードのシニアソフトエンジニアのAndrea Pessinoそして同じくブリザードのシニアアーティストのRu Weerasuriyaが設立しました。このほか、『ウォークラフトIII』・『スタークラフト:ゴースト』・『ジャック×ダグスター』などの開発者が参加しています。

社長のDidier Malenfant氏は「業界の最も才能ある人たちを結集するまたとない機会に恵まれた」と話しています。

気になるのは開発しているタイトルですが、詳しいことは分かっていません。しかしReady At Dawn Studiosは最初のタイトルの開発をスタートされているそうです。楽しみです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

    【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 「Oculus Rift」は599ドルに…「HTC Vive」「PSVR」などのVR機器のお値段やいかに

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る