人生にゲームをプラスするメディア

今年上半期のソフト売り上げで任天堂がトップに

ゲームビジネス その他

コナミが「ゲームソフト全タイトルにおけるメーカー別 推定販売本数TOP10」として発表した今年上半期のメーカー別売り上げによると任天堂が3,123,878本を売り上げてトップに立っている事が明らかになりました。シェアは14.9パーセントでした。

今年前半は任天堂としては小粒なタイトルが多かったように思いますが、大健闘と言えるのではないでしょうか。

ちなみに昨年の上半期は2,009,566本でシェアは14.0%、コナミに次いで2位でした。通期では昨年もトップを確保していますし、今年は昨年以上に強力なタイトルが年末に控えていますので期待出来るのではないかと思います。

任天堂以下は順に、コナミ、スクウェア・エニックス、ナムコ、バンダイ、セガ、カプコン、ポケモン、バンプレスト、コーエーとなっています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  6. 【BitSummit】イベント主催者ジェームズ・ミルキー氏インタビュー「日本にはまだまだ凄いインディー開発者がいる」

  7. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. スクエニHD、松田洋祐氏が代表取締役に就任

  10. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

アクセスランキングをもっと見る