人生にゲームをプラスするメディア

今年上半期のソフト売り上げで任天堂がトップに

ゲームビジネス その他

コナミが「ゲームソフト全タイトルにおけるメーカー別 推定販売本数TOP10」として発表した今年上半期のメーカー別売り上げによると任天堂が3,123,878本を売り上げてトップに立っている事が明らかになりました。シェアは14.9パーセントでした。

今年前半は任天堂としては小粒なタイトルが多かったように思いますが、大健闘と言えるのではないでしょうか。

ちなみに昨年の上半期は2,009,566本でシェアは14.0%、コナミに次いで2位でした。通期では昨年もトップを確保していますし、今年は昨年以上に強力なタイトルが年末に控えていますので期待出来るのではないかと思います。

任天堂以下は順に、コナミ、スクウェア・エニックス、ナムコ、バンダイ、セガ、カプコン、ポケモン、バンプレスト、コーエーとなっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. 『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

    『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

  3. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

    【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  4. ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

  5. (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る

  6. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  7. 【GDC 2014】『バイオショック』のケン・レヴィン氏が説く、ノンリニアストーリー構造の変革

  8. 【TGS2008】コンパニオンレポート: NTTドコモ & KDDI

  9. 東京ヴェルディがe-Sports展開を発表、『FIFA』専属プロゲーマーを募集中

  10. 「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

アクセスランキングをもっと見る