人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】スーパードンキーコング(GBA)

任天堂 その他

GBA『スーパードンキーコング』in としまえん トイザらス TOY FESTA

『スーパードンキーコング』は、1994年にスパーファミコン用ソフトとして発売されました。スーパーファミコンとはとても思えないその華麗なグラフィック、そしてベーシックなゲーム性で、大ヒットを記録しました。今回のゲームボーイアドバンス版『スーパードンキーコング』は、そのリメイクです。

これまでに『スーパードンキーコング』は一度、GBC『ドンキーコング2001』として一度リメイクされています。しかし、ゲームボーイカラーの性能では、画質は劣化せざるを得なく、お世辞にもスーパーファミコン版の画質に及んでいるとはいえませんでした。

しかし、今回2度目のリメイクとなるこのゲームボーイアドバンス版は、スーパーファミコン版のあの画質を完全に再現しています。スーパーファミコン版のあの美しい画面を初めてみたときの驚きがよみがえるほどです。スーパーファミコン版がスーパーファミコン最高レベルだったように、間違いなくこのリメイクもGBA最高レベルのグラフィックでしょう。

また、スパーファミコン版にはない新要素として、「カメラ」と、2つのミニゲームがあるようです。

■カメラ
この「カメラ」は、新しいコレクト要素で、ステージ上のいろいろなところに隠されているようです。見た限りでは、ボーナスステージの中や、ミニゲームクリアでもカメラを手に入れることが出来ました。

■ミニゲーム
・ファンキーフィッシング
ファンキーコングのところでプレイできるミニゲームです。うまく釣り針を動かし、釣っていきます。制限時間制で、間違ってビンを吊り上げてしまうと制限時間が減ってしまいます。(『ドンキーコング2001』にも同じミニゲームがあったと思います)

・キャンディーのダンススタジオ
キャンディーコングのところでプレイできます。簡単に言えば、よくあるタイプの「音ゲー」です。リズムに乗りつつ、流れてくる矢印やABボタンのマークにあわせボタンを押します。同じドンキーコングの音ゲー、ということでGC『ドンキーコンガ』との関連性は、などと考えてしまったりしますが、実際のところは?

ただのベタ移植に終わらず、いくつかの新要素を追加してきており、昔にプレイしたことがある人も、昔を思い出しつつ、新要素も楽しみながらプレイできるでしょう。

GBA『スーパードンキーコング』は12月12日発売予定、価格は4800円となっています。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』英国チャートで初登場1位…6年ぶり任天堂作品が首位

    『マリオカート8 デラックス』英国チャートで初登場1位…6年ぶり任天堂作品が首位

  2. 竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

    竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

  3. ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

    ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

  5. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  6. 【レポート】「『ARMS』スゴウデトーナメント」初日が激戦かつドラマチック! 中学生選手や前回優勝者が火花を散らす

  7. 「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

  8. ニンテンドースイッチ『聖剣伝説コレクション』の特長を映像で紹介! 画面切り替えやクイックセーブを動画でチェック

  9. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  10. ニンテンドースイッチ、今期出荷は1,000万台を予定─『1-2-Switch』は出荷ベースでミリオンセラー近し

アクセスランキングをもっと見る