人生にゲームをプラスするメディア

ハドソンブースはゲームキューブタイトルが沢山

任天堂 GC

エンド ウォー
  • エンド ウォー
  • エンド ウォー
  • エンド ウォー
  • エンド ウォー
コナミグループのブース内にあるけど、ちゃんと自前のステージもあった結構頑張ってるハドソンです。ゲームショウの中では唯一ゲームキューブタイトルをメインに置いていた素晴らしい会社です。

今回のメインは『天外魔境II』で円状に試遊台がGC/PS2版が並べてありました。設定資料も幾つか展示されていてファンには嬉しいところ。ブースでは天外のイラストの入った大きな袋も配布してました。ステージイベントも時間大幅オーバーで盛り上がってました。

年末発売予定の定番タイトル『桃太郎電鉄12』は2人1組くらいで座ってプレイ出来るようになっていました。GC/PS2で4台ずつ置かれていました。今回の目玉の西日本編ももちろん遊べました。

コナミグループのキャラが大活躍する『ドリームミックスTVワールドファイターズ』も展示されていました。予想に反して(?)なかなか良い出来。完全に2Dに割り切っているのが良い所でしょうか。ロムは不安定で何度も固まってましたがね。

残り2タイトルが発売予定の「ハドソンセレクション」もシリーズ全てが展示されていました。『PC原人』や『高橋名人の冒険島』はグラフィックも綺麗になっていました。「冒険島をよろしく」という高橋名人のサイン色紙も置かれていました(名人はブースにいつもいました)。

GBAタイトルではミニゲーム集の『ボンバーマンジェッターズゲームコレクション』と『がちゃあぷ』そして『ボーボボ』が展示されていました。初公開の『がちゃあぷ』はハドソンのiアプリを詰め込んだ作品で、『スターソルジャー』や『さめがめ』など55タイトルが遊べました。

ハドソンブースはこんな感じでした。ちなみにコンパニオンはピンク色の浴衣。あと残念ながら『青の天外』はありませんでした。任天堂取り扱いだからでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 一緒にバトルしたいカッコいいポケモン10選

    一緒にバトルしたいカッコいいポケモン10選

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  5. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

  6. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  7. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る