人生にゲームをプラスするメディア

桜井氏「今後も任天堂のソフトを作る可能性はある」

ゲームビジネス その他

先日HAL研究所を退社してフリーランサーとなった桜井政博氏が最新号のNINTENDO DREAMのインタビューに答えて、「今後も任天堂のソフトを作る可能性はある」とのコメントを残しています。

インタビューによれば桜井氏はHAL研究所を退職した後に、元上司で現任天堂社長の岩田氏の元へ行き挨拶をしたそうです。その際、岩田氏には「その晴れ晴れとした顔を見たら、HAL研に引き止めるよりも着地点を見つけてあげる方が、私(岩田社長)の役目としては適切だと思った」という言葉を掛けられたそうです。

「決してケンカ別れではなく、これからも任天堂のソフトをつくる可能性もあるわけで、だから(ファンは)悲観しないでください」と桜井氏は話しています。岩田氏とも定期的に会う約束をしているそうです。

何はともあれ、自由になった身でこれまで以上のゲームを作っていって欲しいものです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  3. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  6. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く

  8. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  9. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  10. バンダイナムコゲームス、携帯電話向けエンタメサイト「ゲームスタウン」を開始

アクセスランキングをもっと見る