人生にゲームをプラスするメディア

今年の「キャンプ・ハイラル」には6000人が参加

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは毎年夏に開催しているオンラインキャンプ、「キャンプ・ハイラル」の今年の参加者は6000人となった事を発表しました。参加者はマリオ&ルイージキャビンやキャプテンファルコンキャビンなど10のキャビンに分れて用意されたFlashのゲームの得点を競い、商品を争います。

用意されたFlashゲームには『F-ZERO GX』・『FFタクティクス』・『1080』・『マリオゴルフ』をモチーフにした物があるそうです。その他チャットや掲示板が用意されて参加者は本物さながらのキャンプ気分を楽しむ事が出来ます。

「"キャンプ・ハイラル"はオンラインで楽しめるキャンプです。私も若ければ是非とも参加したかった。アメリカ中の人と友達になれて、マリオカートのレースが楽しめ、不思議な森を探検できて、家を出ずに釣りを出来るような場所は他にはありません」と任天堂オブアメリカのマーケティング・コーポレートコミュニケーション上級副社長、ジョージ・ハリスン氏はコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. イードがVR市場へ参入発表―アイドルのVR映像配信プラットフォーム「EINYME」も公開

    イードがVR市場へ参入発表―アイドルのVR映像配信プラットフォーム「EINYME」も公開

  4. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  5. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  6. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  7. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  8. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  9. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

アクセスランキングをもっと見る