人生にゲームをプラスするメディア

今年の「キャンプ・ハイラル」には6000人が参加

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは毎年夏に開催しているオンラインキャンプ、「キャンプ・ハイラル」の今年の参加者は6000人となった事を発表しました。参加者はマリオ&ルイージキャビンやキャプテンファルコンキャビンなど10のキャビンに分れて用意されたFlashのゲームの得点を競い、商品を争います。

用意されたFlashゲームには『F-ZERO GX』・『FFタクティクス』・『1080』・『マリオゴルフ』をモチーフにした物があるそうです。その他チャットや掲示板が用意されて参加者は本物さながらのキャンプ気分を楽しむ事が出来ます。

「"キャンプ・ハイラル"はオンラインで楽しめるキャンプです。私も若ければ是非とも参加したかった。アメリカ中の人と友達になれて、マリオカートのレースが楽しめ、不思議な森を探検できて、家を出ずに釣りを出来るような場所は他にはありません」と任天堂オブアメリカのマーケティング・コーポレートコミュニケーション上級副社長、ジョージ・ハリスン氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  4. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  7. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  10. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

アクセスランキングをもっと見る