人生にゲームをプラスするメディア

コナミジャパンが2003年3月期決算を発表

任天堂 GC

ジャスラック上場の株式会社コナミコンピュータエンタテインメントジャパンが2003年3月期決算を発表しました。それによれば前期は、売上高が79億74万円、営業利益が35億5600万円、経常利益が35億5600万円、純利益が20億8200万円となったそうです。『遊戯王』の北米地域でのヒットなどで売上は減少しましたが利益は改善しています。

今期は「遊戯王」を始めとして「テニスの王子様」や「GetBackers奪還屋」、「探偵学園Q」、「十二国記」、「まほろまてぃっく」、「恐怖新聞(平成版)」、「COOL GIRL」を題材とした作品を発売するそうです。また『メタルギアソリッド3』や『ツインスネーク』なども発売するとのこと。

また、平成16年3月期は約740万本の販売本数を予定し、業績は売上高76億0000万円、経常利益22億円、当期純利益11億円となる見通しだそうです。

前期の機種ごとの売上は以下の通り。


機種 発売タイトル数 販売本数
ゲームキューブ 3 13
ゲームボーイアドバンス 14 311
ゲームボーイカラー 1 134
プレイステーション2 13 225
プレイステーション 11 206
XBOX 2 52
PC 2 14
その他 0 0
合計 45 958

ゲームボーイカラーやプレイステーションなど旧機種で相当稼いでいますね。しかもゲームボーイカラーでミリオン突破してるし。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

    任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

  4. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  6. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  7. 『閃乱カグラ』新作発表会が8月1日(パイの日)に開催!ゲストに叶美香、『シノビリフレ』最新情報も

  8. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  9. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る