人生にゲームをプラスするメディア

GC『ガイスト』プレイレポート

任天堂よりn-Space開発の新たなFPS、主観視点シューティングゲーム「ガイスト」が発表されました。まだ開発の初期段階であったように見えたそうですが、中身の充実したプレイができたそうです。残念ながら一人プレイヤーモードの1ステージしかプレイできなかったのだとか。

任天堂 その他
任天堂よりn-Space開発の新たなFPS、主観視点シューティングゲーム「ガイスト」が発表されました。まだ開発の初期段階であったように見えたそうですが、中身の充実したプレイができたそうです。残念ながら一人プレイヤーモードの1ステージしかプレイできなかったのだとか。

現地にてプレイできたステージは、主人公が「精神体?」の状態から始まり、人気のない坑道の中で、ガードが巨大な怪物に食われてしまうシーンへと続きます。主人公は精神体のまま、この怪物に対してエネルギー波を武器に戦うことになります。
ガイストの世界の人々は、彼らが作り上げたスピリッツが通過することの出来ないバリアのために、スピリッツ(?)とはなんたるものかを知っていなくてはなりません。スピリッツってのがモンスターのことでしょうか。それでモンスターを防ぐために障壁(バリア)を張ってあるとか?

今の段階で実に印象深く、キャラクターのモデルなども多少の粗さは見えるものの実によく造り込まれているそうです。また、フィールドについては少し角張っている感があるものの開発が進むにつれて改善されるだろうとしています。

繰り返しになりますが、ガイストは主観視点のシューティングゲームです。現時点では、64で発売された007ゴールデンアイに似た操作スタイルになっているそうです。コントロールスティックにて前進、後進、さらに左右転回を操作し、Cスティックは見上げたり見下ろしたりできる他、掃射?することができるそうです。その掃射?の動作については、BとXでも可能なんだそうな。Rは第1火器、Lは第2火器が割当られているんだそうな。二挺拳銃とかもカバー、というところでしょうか。64の007ゴールデンアイではそのZボタンの存在が操作感に大きく関与しましたが今回のアナログキーはどうなるでしょう?Aボタンはフィールドに働きかける、おそらくスイッチを押したりドアを開けたりといったことだと思いますが、そういった事に使用すると書かれています。おそらく、開発が進むにつれてタイムスプリッター2やテュロックといった操作スタイルにも変更できるオプションがつくだろうと予想しています。不満なんでしょうかね?007ゴールデンアイのスタイルってかなり良いと思いますが。

ガイストを現段階でプレイした印象は非常に良いそうです。主観視点シューティングとしての要素をしっかりと備えているそうな。プレイヤーが精神体であるということによって非常に多くの新要素もまたもりこまれています。肉体を持たないことによって空気孔などの狭い道を通ることが可能になるんだとか。

さらにデモの中では、医療仕官に乗り移るというシーンがありました。誰かに乗り移るためにはそのキャラクターをまず怖がらす必要があるそうです。精神体としては、植物に火をつけたりとかファイルを開けたりとか、誰かが操作しているノートパソコンをいきなり閉じてその人を驚かせたりといったことが可能なようです。また、乗り移った身体から抜け出すことも自由で他の身体に乗り移ることができるそうです。たとえば、乗り移ってることがバレたらすぐ抜け出して、他の人に乗り移って知らん顔で入り込むなんてことも可能なんだそうな。

まだ開発段階ではありますが、ガイストは至上の主観視点シューティングとして開発が進められている、キャラクターが精神体であるという新要素は素晴らしく、現在プレイ可能な他のゲームと大きく一線を画すものになるだろうとしています。
《織機 綺音》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  2. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  5. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

アクセスランキングをもっと見る