人生にゲームをプラスするメディア

GBA『スーパーマリオアドバンス4』プレイレポート

スーパーマリオUSA、スーパーマリオワールド、ヨッシーアイランドと秀作のリメイクをGBAにてリリースしてきたマリオアドバンスシリーズの第4作目、スーパーマリオアドバンス4が出展されました。今回はFCにて発売されたスーパーマリオブラザーズ3となります。また、そのグラフィックとサウンドはSFCで発売されたスーパーマリオコレクションのものになっているんだとか。

任天堂 その他
スーパーマリオUSA、スーパーマリオワールド、ヨッシーアイランドと秀作のリメイクをGBAにてリリースしてきたマリオアドバンスシリーズの第4作目、スーパーマリオアドバンス4が出展されました。今回はFCにて発売されたスーパーマリオブラザーズ3となります。また、そのグラフィックとサウンドはSFCで発売されたスーパーマリオコレクションのものになっているんだとか。

現地ではGBASPをコントローラとしたGC(GBプレイヤー装着機)とGBASP単体とを用いてディスプレイが行われました。筆者によると、GCのコントローラとして扱うにはSPの操作感は従来型GBAに劣る、と述べています。まぁ、その辺はしょうがないんじゃないか?と言いたいんですけどもw ゲーム自体の操作感はオリジナルをまったくそのまま再現されているそうです。ボーナスゲームに入る前にドアが新設されているなどいくつかの細かい変更点しか見受けられなかったそうです。サウンドビジュアルともにSFCのそれを非常に巧く移植しており、今回もマリオは喋るんだとか。やはりやられるとマンマミーアですかね。

また、タイトル画面には3つ選択肢があり、マリオ、ルイージ、さらに「通信」とあったそうです。現地ではマリオしか選べなかったそうですが、マリオアドバンス2にてタイトル画面前に入っていたオープニング部分同様のところにてルイージが彼独特のジャンプを披露するシーンがあったそうな。おそらく、ゲームに刺激を加えるさらなる新要素が含まれているだろうと筆者は予想し、発売後のレビューを書くのが楽しみだとしめくくっています。
《織機 綺音》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る