人生にゲームをプラスするメディア

アルゴノーツがE3ラインナップ発表

自社から発売するタイトルは無いもののブースを構えるアルゴノーツが出展タイトルを発表しました。出展するのは5タイトルで自社ブースのほかに発売元であるEAやレゴ、ヴィヴェンディなどのブースでも展示されます。

任天堂 その他
自社から発売するタイトルは無いもののブースを構えるアルゴノーツが出展タイトルを発表しました。出展するのは5タイトルで自社ブースのほかに発売元であるEAやレゴ、ヴィヴェンディなどのブースでも展示されます。

アルゴノーツは英国で好調の開発会社で最近では『ハリーポッターと賢者の石(PS)』や『カンフーカオス(XBOX)』などを開発しています。任天堂ファン的には『スターフォックス』2作品で有名かな。FXチップとか。

・SWAT:GST Vivendi (PS2/XBOX)
・New Launch TBA (GC/PS2)
・Carve TBA (XBOX/Live)
・Powerdrome TBA (PS2/XBOX/Live)
・Bionicle EA/Lego (PS2)

出展されるのは以上の5タイトルです。「タイトル 発売元 (機種)」です。EAから発売される『Bionicle』はマルチでゲームキューブでも発売される予定ですが今回出展されるのはPS2版のみになる模様です。

アルゴノーツのCEOのジョス・エリス氏は「2003年はアルゴノーツにとって大きな一年になるでしょう、それはE3から始まります。私達は20年以上の歴史の中で最も多い4タイルトを発売する予定です。もちん量だけの問題ではなくそれらは非常に優れたゲーム性を持つユニークなゲーム達です」とコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

アクセスランキングをもっと見る