人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、12億円の営業利益を確保

任天堂 GC

2日付の日本経済新聞によればハドソンの2003年3月期の連結営業利益は12億円前後だったそうです。

好調の要因は『マリオパーティ4』のヒットで任天堂から入るロイヤリティが多かったこと、利益率の高い携帯電話向けのコンテンツの有料会員が堅調に伸びたことなどとしています。連結売上高は120億円前後だった模様。

しかし、ゲームソフトは『桃太郎電鉄11』が計画を下回ったなどで55億円だったそうです。任天堂やコナミからの受託開発収入が30億円に伸びたほか、任天堂のゲーム機向けの開発機材販売は10億円だったそうです。

ハドソンはどん底は抜けましたかね。なかなかに好調のようです。今期はマリパはないでしょうが期待してもいいんじゃないですかね、、、。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る