人生にゲームをプラスするメディア

『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?

モバイル・スマートフォン iPhone

『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?
  • 『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』で僕らの街が冒険の舞台になる!?

トイロジックがおくる、日本をモチーフにしたiOS/Android向けおでかけRPG『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』。「みんなとおでかけRPG」をコンセプトにした本作では、位置情報を利用し、現実世界を舞台に英雄・武将・妖怪を集めてヤマタノオロチを倒す冒険へと旅立つことができます。ボスとのバトル、キャラクターとの会話、謎解きや宝探しなどわくわくする要素も盛りだくさん。ひとりでも楽しい、仲間と遊ぶともっと楽しいマルチプレイもある本作の魅力を紹介します。


八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』は、ゲームファンが一度は空想したであろう「現実の世界で自分が勇者になって冒険したい」という夢を実現したスマートフォン向けゲームです。冒険の舞台は、地上によく似た世界のアマハラ。位置情報と地図情報を使い、プレイヤーが歩くとアマハラ上の自分の仲間たちが歩くという世界観になっており、現実の街をRPGのような冒険の舞台として歩き回れます。


登場するキャラクターは、八百万(やおよろず)という神様のような存在です。坂本龍馬や千利休といった歴史上の偉人から、かぐや姫や浦島太郎たちおとぎ話のキャラクター、アメノウズメなど古事記の神様など日本人になじみのあるキャラクターが登場します。『八百万クエスト』のイラストは多くのユーザーに親んでもらうためアニメ調の絵柄をベースにデザインされています。加えて、和の世界観を表現するために、日本の筆使いのタッチを取り入れており、キャラクターの細かいディティールにもこだわっています。たとえば、坂本龍馬なら愛刀「陸奥守吉行」とピストル「スミス&ウェッソン モデル2」、千利休なら彼女が持っている茶器は後期に作ったと言われている「黒楽茶碗」が参考となっています。


それでは、基本的な遊び方を紹介します。まずは、メインメニューから「ストーリークエスト」を選択し、マップ画面に進みます。マップに展開する話はクエストごとに異なります。シナリオがスタートすると、司令塔となるキャラクターからヒントをもらい、マップのあちこちを巡ります。旅の道中には、敵とのバトルや宝探し、採取(釣り、採掘など)やアマハラに住む住民との会話が楽しめます。採取はアマハラに蔓延した邪気を吸収すると回復できるマップスタミナを消費して行い、手に入れたアイテムは武器に合成可能です。また、商品を売っているお店も地図上にあり、宿屋ではキャラクターの体力を回復できます。

本作の特徴は、都会でも田舎でも道さえあればどこでもプレイできることです。また、クエスト中でも中断が可能で、移動した先で再びマップを再配置すると、クエストの進行状況を保持したまま継続してプレイができます。クエストにもバリエーションがあるので、通勤通学中の短い時間では採取クエスト、土日に時間があるときにはがっつりした討伐クエストを楽しむといった遊び方も可能です。


また、バトルだけを専用で楽しめる「バトルステージ」もあります。バトルはターン制で、仲間1体に対して2つまで装備できる武器(スキル)を使用して勝利を目指します。ここでは、ストーリークエストでのバトルよりも難易度が高くなっているため、攻撃する順序やフィーバーゲージを上昇させ強力なフィーバーモードに突入するといった戦略が重要です。白熱のバトル空間は、キャラクターがゆらゆら動いているので幻想的な雰囲気になっており、攻撃パターンも数十種類のエフェクトがありとても華やかでした。

アマハラの世界を冒険する「シングルプレイ」以外にも、みんなで強大な敵に挑む「マルチプレイ」、簡単に誰でも遊べる「パーティーマルチプレイ」という2種類のマルチプレイモードがあります。パーティーマルチプレイでは簡単なマルチプレイ用のクエストが用意されており、上級者が初心者にアドバイスをしながら進めたり、ゲームを始めたばかりのプレイヤーでも楽しめるのがポイントです。


マルチプレイは、最大4人でプレイができます。クエストを選択すると全員のマップ配置が共有される、たとえば「龍の玉を10個集めよ」というクエストなら、仲良く全員で集めたり効率よくバラバラに探したりなどのチームプレイを楽しめます。マルチプレイ専用協力ゲームもあります。みんなで四択クイズに答えて多数決で回答が選択される「多数決クイズ」、スタミナやゼニーをみんなで投入して宝箱を開ける「宝箱解錠」、持ち寄ったキャラクターで強力な敵と戦う「マルチバトル」などです。

現実世界が冒険の舞台になるという、ゲームプレイヤーなら憧れのシチュエーションを体験できる『八百万クエスト ぶらり仲間と英雄あつめ!』。道さえあればどこでも楽しめる手軽さ、歯ごたえのあるターン制バトル、和風なインターフェイスや神社のモチーフを使ったガチャなど見所がたくさんありました。ひとりでも楽しい、仲間と遊ぶともっと楽しい本作のリリースは2017年春予定です。
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

    『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

  2. 『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

    『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

  3. 『ポケモンGO』進化後ポケモン捕獲時にもらえるアメが増え、新たな音楽も! 配信中の最新アップデート続報

    『ポケモンGO』進化後ポケモン捕獲時にもらえるアメが増え、新たな音楽も! 配信中の最新アップデート続報

  4. 『チェインクロニクル3』公式ニコ生「ェンクロ 2017 春の陣」開催…『アトリエ』コラボ復刻イベントも開催

  5. 『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表

  6. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  7. 『ポケモンGO』ポケモンの交換&トレーナー同士のバトルが近々に実装か、海外メディアの取材で明らかに

  8. 『オルタンシア・サーガ』800万DL突破! 最大50個の聖王石がもらえるキャンペーンを開催

  9. 『ポケモンGO』公認「ふくしまDEぶらり観光MAP」が公開―賀川市のポケストップ・ジムの場所が記載!

  10. 『ポケモンGO』今週末に『ポケモン 金・銀』のポケモンが追加!新アイテムや着せかえ機能の充実なども

アクセスランキングをもっと見る