人生にゲームをプラスするメディア

【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る

その他 オリジナル

【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る
  • 【インタビュー】岸田メル×清原紘の裸対談 ― “ドヤ顔ダブルソード”誕生経緯や互いの印象を赤裸々に語る

ゲーム業界では、これまで数多くのコラボレーション企画が行われてきました。ゲーム内イベントや現実世界で実施されたものなど、その方向性は多岐にわたっています。しかし数多あるコラボ企画の中でも、ひときわユニークさが光る、かつてない試みが実現しました。

セガゲームスが贈る『蒼き革命のヴァルキュリア』(1月19日発売)と、コーエーテクモゲームスが放つ『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』(3月30日発売予定)は、いずれも2017年のゲーム業界をいち早く彩るタイトルとして注目を集めています。そしてこのたび、両タイトルのコラボ企画として、それぞれのキャラクターデザイナーによる対談が、「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」にて催されました。


ご存知の方もいるかと思いますが、「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」はいわゆる入浴施設。そのため、温泉や足湯に浸かりながら、お互いが携わったゲームに関する話や絵の魅力などを語る形に。筆者自身の取材経験のみならず、他のライターさんが取材した企画などを見渡してみても、湯船に浸かりながらキャラデザイナーが語らうという企画は初耳です。

そんな、いつもとは違う意味で「刺激的な」対談の模様を、こちらで紹介させていただきます。なお、今回対談に臨んだ『BLUE REFLECTION』キャラクターデザイン・監修の岸田メル氏と、『蒼き革命のヴァルキュリア』キャラクターデザインの清原紘氏は、それぞれ独特なタッチで男女を問わず魅力している方々ですが、いずれも男性。“嬉し恥ずかし”なハプニングはないのでご注意を!

◆“ひと肌脱いだ”大胆対談! 文字通り赤裸々なふたりに迫る



まずは、貸し切りで入浴できる「家族風呂」に浸かっているお二人に、各メディアを交えての対談を実施。両名ともタオルのみ腰に巻いた入浴スタイルで、取材陣に向き合いました。清原氏は狐面を被っているものの、ほぼ全裸で行う対談は、お二人にとっても初めての体験だったことでしょう。無論、そんな姿の方々に取材を行うのは、筆者も初体験でした。

※撮影のために特別に許可を得てタオルを着用しています。

──本日はよろしくお願いします。

岸田:イラストレーターの岸田メルです。コーエーテクモゲームス ガストブランドの『BLUE REFLECTION』で、キャラクターデザインと監修としております。よろしくお願いします。

清原:漫画家・イラストレーターの清原紘と申します。今回セガさんから出た『蒼き革命のヴァルキュリア』のキャラクターデザインを担当させていただきました。よろしくお願いします。

──まずは、お互いが携わったタイトルの印象をお聞かせください。


岸田:キヨさんが(新作の)『ヴァルキュリア』のキャラクターデザインをやるんだと知った時は結構驚きましたね。あ、僕らは昔から面識があり、付き合いも長いんですよ。なので、友達として「いいな」と思いましたね。

──その「いいな」は、「うらやましいな」ではなく、「おめでとう」という意味ですね?

岸田:はい、そうです。

清原:僕は常に(岸田さんを)「うらやましい」と思ってますけどね(笑)。

──清原さんの方は「うらやましい」んですね(笑)。では、そのお話は後でじっくりと。

岸田:それで……友人としても、1ファンとしても、どんなキャラクターが出来上がってくるのか楽しみだなと思ってたんです。そして出来上がったキャラクターのデザインはやっぱり、キヨさんのいいところが出ているなと感じました。キヨさんのいいところって、描線の細かさと綺麗さ、あと耽美なんですよね。ヒロインのデザインも魅力的ですし、特にアムレート(主人公)のデザインがいいなと思って。

キヨさんのこれまでの作品で、ここまで男性キャラが強く出ているのってあまりないと思うんですよね。描かれている漫画も、どちらかと言えば女の子が色濃いですし。そういう意味で、新鮮でありつつ凄く恰好良いなと。耽美なキャラが好きなので、個人的にも魅力的なキャラクターだなと感じてます。

当時、多分デザインしている時だと思うんですけど、「ファンタジーの絵を描いていて、ちょっと悩んでるんだ」みたいな話をしていたこともありましたね。キヨさんは、もともと細かい感じの絵が得意だから、「そんなに気負わず、好きな感じで描けばいいと思いますよ」みたいに答えましたし、実際出来上がったものはファンタジー然としてて、すごく良かったです。流石だなと思いました。

清原:そんなに褒めてもらえるなんて……。

岸田:しかも裸でね(笑)。

清原:褒められるシチュエーションがこれっていう(笑)。

──では続いて、清原さんお願いします。


清原:メルさんが、『BLUE REFLECTION』でキャラクターデザインだけでなく、ゲームの深い部分まで彼が監修すると聞いて、僕も1ファンとして楽しみにしていたんです。そして出来てきたものを見ると、すごくビックリしました。というのも、今までのメルさんの絵とは少し違うな、という印象を受けたんです。

メルさんとは長い付き合いで、もう10年以上になるんです。なので、昔からメルさんの絵を見てきているんですが、「(今回)また進化したな」と感じました。変な言い方になるんですが、ちょっとエッチと言うか、女の子のセクシーな部分が描かれていて。

それが下品な感じにはならず、メルさんの繊細で上品なタッチで描く「可愛さ」にプラスアルファされており、このバランスが絶妙だと思いました。同じものを描くことに留まらず、新しい変化を取り入れようとする姿勢のようなものが伺えたので、素晴らしいなと率直に感心しました。

──そんなお二人が、今回のユニークなコラボレーションを行うに至ったきっかけを教えてください。

清原:以前、メルさんがツイキャスに出ていたんですよ。で、その時に『ブルリフ(BLUE REFLECTION)』の販促というか、色んな人に買ってもらいたくて……みたいな話をしていて。そこで僕がコメントで「『蒼ヴァル』(蒼き革命のヴァルキュリア)ともコラボしてよ」と発言したら、「しようしよう! ちょっとメール送るわ」みたいな感じになりまして。そんな感じで始まって、行き着いた先がこれ(温泉)ってのも凄いですよね(笑)。

岸田:そのツイキャスの件、僕は完全に忘れちゃってるんだけどね(笑)。

──(笑)

岸田:『ブルリフ』でガストブランドの長野の開発部に参加させてもらっているんですが、その開発部内でも『蒼ヴァル』はすごく話題に上ってましたね。そこで、イラストレーター繋がりでなんか出来たらいいよねって話にはなっていたので、「じゃあ(清原さんに)話してみます」という感じで。


──ちなみに、温泉施設で対談という企画になった経緯というのは?

岸田:お互いの会社がどちらも、結構理解があるというか、「好きな感じでやってくれていいよ」みたいに言われたので、じゃあどうしよかなと。普通にコラボイラストやりましたとか、ありふれてますし、仲が良くなくても出来るじゃないですか。

お互い気心が知れてるんだから、「普通だったらないだろ」みたいなことをやらないと良くない、みたいな話をしたんですよ。その結果、「温泉みたいな場所でふたりで対談したら、ページビューも伸びるんじゃないか」って(笑)。

清原:最初は、全部お任せしていたんですよ。「面白いことしようよ」という話を聞いた上で、プロデューサー経由で進行してまして。そしてある日、確認が来たんです。「こういう感じの企画になっていますが、本当に大丈夫ですか?」って(笑)。

──企画内容が要確認だったと(笑)。

岸田:(温泉の話は)前から言ってたよ? ギャグだと思ってたかもしれないけど(笑)。

清原:こんな“どうかしている企画”が、まさか本当になるなんてね(笑)。

岸田:僕も軽く言って実現したけど、思ってたよりも現実は重たいなって感じてるよ(笑)。この空間の圧力に耐えられない……!

──実際に入ってみて、今の気持ちはいかがですか?

岸田:……不思議な気持ちです(笑)。

──ちなみに、今回の企画を記念するコラボイラストを後日描かれると伺いましたが、どのような内容になりそうですか?

清原:それぞれの作品のヒロインを描こうという話にはなっていて、温泉企画なのでそういうシチュエーションにしようかと。

岸田:(今浸かっている家族風呂を指して)これに入ってる絵を描けばいいんじゃないかな。帰り際、写真を撮らせてもらってさ。

──コラボイラストの完成、お待ちしております。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」2017年7月テレビ放送決定

    「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」2017年7月テレビ放送決定

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】倉庫から赤ちゃんの泣き声が…

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】倉庫から赤ちゃんの泣き声が…

  3. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  4. 「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

  5. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  6. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  7. 映画「GODZILLA」全3部作で劇場公開決定 主人公・ハルオ役は宮野真守

  8. 「Dies irae」2017年放送開始 ティザービジュアルやメインスタッフが公開

  9. 「夢王国と100人の王子様 ショート」 AbemaTV で配信決定 逢坂良太、石川界人出演の特別番組も

  10. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選、初代『ストII』の新コンボが発見!、『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定…など(3/25)

アクセスランキングをもっと見る