人生にゲームをプラスするメディア

「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい

その他 全般

「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい
  • 「JAEPO2017」で見つけたおもしろいものたちをご紹介、今にも食べたくなるプライズやメダル洗浄マシンがすごい

2017年2月10日~12日に開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017(JAEPO 2017)」は、確かにゲーム関係のイベントではあるのですが、「東京ゲームショウ」などと比較すると関連業者の商談の場に近い雰囲気があります。そのため、ふつうのイベントとはまた違った面白さがあるのです。

◆ゲームセンターの裏側



セイミツ工業や三和電子などアーケードゲーム筐体のパーツを手がける企業のブースでは、各種レバーボールやボタンも販売されています。普段ゲームセンターで何気なく触っている操作パネルもこういったひとつひとつのパーツで構成されているわけで、改めてゲーム関連製品メーカーやオペレーターの方々による努力を感じ取ることができます。


また、ファースト・ロックのブースではゲーム筐体などに使用する各種の鍵が展示。いたって真面目な展示ですが、鍵がずらりと並んでいる様子はなんだか面白くも見えます。


きららのブースでは、ボールプール用のボール洗浄乾燥機などの様子を見ることができます。考えてみればああいったボールにも洗浄が必要なわけで、その裏側ではこういった機械がひっそりと活躍しているわけですね。


なお、硬貨やメダルを洗浄する「TJ-do」というマシンもサンプルとして稼働していました。これを見て「銭洗弁財天に持っていったらどうだろう?」と話している方がおり、意外なところにビジネスチャンスが転がっているのかもしれないと思わされました。

◆プライズ



そして、プライズを手がけている企業も多数出展しています。中でもかなり気になったのがリアライズというメーカーでした。リアライズは、食品サンプルのようにリアルなキーホルダーなどを手がけており、ゲーム関連の取材に来ているのに食欲をそそられます。


中でもかなりすごかったのは「超リアル!ふわっふわ一口ロールケーキ匂い付」。中身だけでなくパッケージのビジュアルにもこだわられているうえ、本物のロールケーキかと思うかのような柔らかさ、そして遠くからでも感じられる甘い香りが特徴です。思わず「うまそう」と声が出てしまいました。


このほかにも、実際の餅以上に伸びるであろう串団子や、ドーナツ、シュークリーム、チョココロネなども展示されていました。


また、セガ・インタラクティブやタイトーなど6社が共同で出展している関係者向けのプライズフェアでは、これから先に出るさまざまなキャラクターグッズを見ることができました。とはいえ、具体的にどんなものが出るかは秘密でお伝えできないため、あのジャンルやこのジャンルも魅力的なプライズが出てくるとだけ言っておきましょう。


プライズといえば、ずらりとお菓子が並んだ鈴木栄光堂も忘れてはなりません。ゲームセンターではこういった大きな特殊サイズのお菓子が並んでいるわけですが、当然こういった製品を製造・販売しているメーカーもあるわけです。


巨大なパイの実、ポテトチップス、チュッパチャップスなども魅力的ですが、個人的に気になったのはハリボーグミが入った巨大な缶。あの硬くて食べごたえのあるグミが、はじめてアミューズメント施設向けの商品になるそうです。

◆終わりに



北日本通信工業ではロボット型のバッテリーカーが展示されていたのですが、ビジネスデーではこれに乗るスーツ姿のおじさんたちを見ることができました。もちろん、この商品がどのようなものか確かめるために乗っているのですが、その姿はどうしても面白く見えてしまいます。

「ジャパン アミューズメント エキスポ」ではゲーム大会や物販などのイベントも行われているうえ、2017年は「闘会議」と同時開催になっています。遊びに来た人がより楽しめるようにという意図が込められているのでしょうが、そういった目立つ部分ではないところにも意外な面白さが潜んでいます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

※掲載されている写真は特別な撮影許可を得ているものがあります。

(C)上海アリス幻樂団
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

    【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  2. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  3. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

    人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  4. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  5. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. スクウェア・エニックス・ホールディングス、新規RPGプロジェクトを発表…「『人生の応援歌』となる物語を届け続ける」新スタジオも発足

  8. figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

  9. 追悼、ナムコ創業者 中村雅哉―「I Will」の人【Re:エンタメ創世記】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る