人生にゲームをプラスするメディア

800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充

その他 玩具

800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充
  • 800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充
  • 800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充
  • 800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充
  • 800万個を売り上げた玩具「デジタルモンスター」の復刻版が登場! 育成のスピードアップなど機能を拡充

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、“デジモン”コンテンツの元祖である携帯型液晶育成ゲーム「デジタルモンスター」の誕生20周年を記念し、新機能を追加した復刻版「デジタルモンスター ver.20th」の予約受付を開始しました。

オリジナル版の「デジタルモンスター」は、1997年6月に発売され、累計800万個以上を売り上げた携帯型育成ゲームです。デジモンシリーズが20周年を迎え、そのアニバーサリーイヤーのスタートを飾る商品として、その復刻版が「オリジナルブラウン」「オリジナルグレー」の2色で今回登場します。

持ち運びができる手のひらサイズの本体の中で、現実時間と共に成長するデジモンを育成できる「デジタルモンスター」。デジモンを育成する楽しさはそのままに、「登場するデジモン」「育成&進化」「通信&バトル&WEB連動」など、機能を大幅にレベルアップさせており、育成をより手軽に楽しむことができる機能が拡充した進化版です。

◆「デジタルモンスター ver.20th」の特徴



【登場するデジモン】
本商品は、「デジタルモンスター」のver.1からver.5までの全デジモンのほかに、10周年・15周年記念で登場した「ドラコモン」と「ハックモン」に、“20周年を記念した新デジモン”を加えた育成可能キャラ数134体、総登場キャラ数154体を収録。

また、デジモン育成の第一歩であるデジモンの卵“デジタマ”には、特殊な条件を満たさないと入手できない「特殊デジタマ」が追加され、「オリジナルブラウン」限定のアグモンと「オリジナルグレー」限定のガブモンは2匹を合体させることでオメガモンを入手することもできます。

【育成&進化】
「デジタルモンスター」シリーズで初めて、2体のデジモンを同時育成することが可能になりました。2体のデジモンが仲良くエサを食べる姿や睡眠をとる可愛らしい姿を見て楽しむことができます。以前のバージョンよりも育成スピードを大幅にアップすることで多くのデジモンを育てることができるため、当時遊んでいた大人の方も働きながらプレイすることができます。

また、タッグバトルすることでできる合体など新しい進化方法も追加され、育成だけでなく対戦機能もレベルアップしています。

【通信&バトル&WEB連動】
自分で育てた2体のデジモンでタッグを組んで友達やコンピューターと戦うタッグバトル機能は、友達が育成したデジモンをコピーして受け取り、自分が育てたデジモンとタッグを組ませて戦うこともできます。

また、本商品には育てたデジモンをWEBに登録する機能を搭載。1990年代後半から日本各地で開催していたデジモンを戦わせる「D-1グランプリ」がWEBで復活、本商品で育てたデジモンで日本中のライバルと戦うことができます。

※D-1グランプリの詳細は後日デジモンウェブでお知らせいたします。

◆商品概要


■商品名:デジタルモンスター ver.20th オリジナルブラウン/オリジナルグレー
■価格:各3,780円(税込)(送料・手数料別途)
■対象年齢:15才以上
■セット内容:本体…1
■商品サイズ:W約58mm×H約41mm×D約15mm
■商品素材:ABS、PC、合成ゴム
■生産国:中国
■販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」限定
■予約期間:2017年1月6日(金)10時~2017年3月27日(月)23時予定
■商品お届け:2017年6月予定

※商品購入ページ:http://p-bandai.jp/item/item-1000110978/?rt=pr
※商品詳細ページ:http://digimon.net/20th/?rt=pr

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C)BANDAI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  2. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る