人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS

その他 玩具

【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS
  • 【日々気まぐレポ】第175回 「HGIBO ゲイレール」レビュー!おひげのオジサンの渋い魅力が満載のMS


インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第175回目でございます。

本日はバンダイより発売中のガンプラ「HGIBO ゲイレール」をご紹介。こちらは現在MBSほかで放送中のTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の第2期に登場するモビルスーツを1/144スケールでキット化したアイテムです。

ゲイレールはギャラルホルン陣営の1世代前の機種で、グレイズ系の前世代機にあたるモビルスーツ。劇中ではガラン・モッサの駆る傭兵部隊の機体として登場し、昭弘のグシオンリベイクフルシティと死闘を繰り広げました。ガンダム・フレームを相手に善戦する姿や、歴戦のパイロットが使いこなす旧世代の機体という設定で、中々に通好みなモビルスーツとなっています。

設定ではゲイレール・フレームの機体ということになっていますが、今回のキットではグレイズ・フレームのランナーが一部流用されています。脚部や腰部などはゲイレール専用のパーツを使用していますが、胴体や肩部から腕部などのフレーム部分は共通パーツ。肩装甲はグレイズ系や後期HGIBO系と互換性があります。


シンプルな機体構造からくる可動性は折り紙付き。特に接地性能は最近のガンプラなの中ではずば抜けており、かなり無茶なポーズでも安定性を確保することができます。

機体カラーはほぼ成型色で再現。特に頭部中央のセンサー部分はHG系、それも鉄血のオルフェンズシリーズのキットでは珍しくクリアパーツを使用しているなど、贅沢なキットとなっています。もちろんパーツ分割上、一部色が足りない所もありますが、上半身中央や踝部分のグレーなどはホイルシールで補うことが可能です。


装備類はシンプルで、専用のライフルとシールドアックスが付属。ヴァルキュリア・フレーム機の意匠も感じられるライフルはドラムマガジンが着脱可能。また、フォアグリップが広範囲に可動します。


シールドアックスは、刃の部分を展開するとシールドモードに差し替え変形可能。シールド状態では下腕の接続ピンでマウント可能です。なお、下腕の装備マウント部分はグレイズ・フレーム系と互換性があり、シュヴァルベグレイズのワイヤークローなどを装備することも出来ます。


さらに、劇中で大活躍だった背部ホバーユニットも付属。リアスカートに装備する大型のオプションですが、2パーツのシンプルな構成&中空構造なので意外に軽く、高い接地性も相まって自立やポージングを妨げません。

また、グレイズ・フレームのパーツの都合上リアスカート用の3mm軸追加アタッチメントも付属。説明書ではグレイズのブースターを取り付け例も紹介されています。

ほかにも肩部上面に3mm穴が設けられているので、軸が対応する様々な武装を装備可能。ここに別売りのMSオプションセット5「腕部ロケット砲」を装備させるのが公式の作例となっています。


付属オプション装備は最低限ながらモビルスーツ自体に拡張性があり、他キットと組み合わせて遊ぶことで真価を発揮するという、今回のゲイレール。鉄血のオルフェンズ系ではおなじみの低価格帯アイテムですが、中でも一際安いキットに分類されますので、思い切って複数体組んでみるのもオススメですよ!

「HGIBO ゲイレール」は発売中。価格は1,080円(税込)です。

(C)創通・サンライズ・MBS


■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメ、おもちゃが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterと個人サイトにて随時受付中。


Twitter:@hibiki_magurepo
個人サイト:日々気まぐれ屋(http://ogsaga2.rosx.net/)
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  2. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

    人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  3. figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

    figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

  4. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  7. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  8. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  9. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  10. 【WF2016冬】「Fate」シリーズ新作フィギュアまとめ…ジャンヌ・ダルク、セイバー和服、マスターアルトリアなど

アクセスランキングをもっと見る