人生にゲームをプラスするメディア

懐かしのアクションゲーム『風のクロノア』アニメ化発表!脚本は漫画家のありがひとし氏【UPDATE】

その他 アニメ

懐かしのアクションゲーム『風のクロノア』アニメ化発表!脚本は漫画家のありがひとし氏【UPDATE】
  • 懐かしのアクションゲーム『風のクロノア』アニメ化発表!脚本は漫画家のありがひとし氏【UPDATE】


アメリカのアニメ会社Henshinは、バンダイナムコゲームスがかつて展開していたアクションゲームシリーズ『風のクロノア』のアニメ化を行うことを、10月27日まで開催されていたJapan Content Showcase内で発表しました。

『風のクロノア』は第一作が1997年にPS1向けに発売されたアクションゲームシリーズ。動物を擬人化したような風体の可愛らしいキャラクターたちと、独特の世界観が魅力でした。シリーズは主に2002年にかけてPS2やGBAなどで展開されましたが、2008年に発売された初代作品のWii版リメイクを最後に新作はリリースされていません。

この発表を伝える海外ニュースサイトVarietyによれば、今回のアニメ化にあたっては日本の漫画家で、『ロックマン』シリーズのコミカライズである「ロックマンメガミックス」で広く知られる、ありがひとし氏を脚本・キャラクターデザイン・副プロデューサーとして起用しているとのことです。

また、氏は2012年から2014年にかけて展開された、バンダイナムコゲームスの海外向けWebコミックサイト「ShiftyLook」にて『風のクロノア』のコミカライズ『KLONOA: Dream Traveller of Noctis Sol』を作画担当として連載していました。Twitter上のありが氏のアカウントでは、この発表について取り上げるとともに「今はこれ以上は言えない」としています。




アニメ版『風のクロノア』の詳しい内容や公開予定、配信媒体などはまだ不明です。

※UPDATE(2016/10/28 13:33):ありが氏はTwitterの自身のアカウント上にて新たな情報として、このアニメ版『風のクロノア』でキャラクターが用いる言語は、同シリーズの初期作品のように架空言語“ファントマイル語”となり、そこに各国言語の字幕が入る形であると発表しています。また、字幕には日本語版も含まれる予定とのことです。



《Arkblade》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  2. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る