人生にゲームをプラスするメディア

平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始

モバイル・スマートフォン iPhone

平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始
  • 平均年齢50歳超えのクリエイターによる 『マッピー』新作配信開始

鈴屋とコスモマキアーは、バンダイナムコエンターテインメントが実施している「カタログIPオープン化プロジェクト」に参加し、iOS/Androidアプリ『タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団』を2016年6月14日にリリースしました。


マッピーにニャームコ達の盗品を取り返されてから約15年。ニャームコ団は解散・一家離散という道を辿り、それぞれの道を歩んでいました。ですがそんな折、ニャームコはかつてのミューキーズ達とばったり出会い・・・こんなストーリーから始まるマッピーの新作ゲームが、『タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団』です。


本作の制作には、デザインを『マッピー』『ゼビウス』『ディグダグ』などのドット絵を手掛けた小野 Mr.Dotman 浩氏が、サウンドを『ドルアーガの塔』『ギャプラス』などのゲームサウンドを作曲したZUNKO氏が、監修をオリジナル版『マッピー』の企画に携わった佐藤 英治氏が担当しており、80年代のレジェンドクリエイターが結集した一作となっています。

■マッピーについて
ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)が、1983年に発表した作品。主人公であるネズミの警察官マッピーを操り、トランポリンを使って敵キャラクターを避けつつ、反撃アイテムのパワードアなどを活用しながら、ステージに点在する盗品(お宝)を取り返していく、面クリア型アクションゲームです。

■スマートフォンならではのゲーム性
トランポリンを上下するマッピーが、床のあるところに移動します。プレイヤーは指でタップして床を作りながら、マッピーを誘導。全てのお宝を取るとステージクリアになります。ステージは全60面。アクションゲームでありながら、お宝を取る順番で得点が変わるパズル性も備わっており、やり込み要素が盛り込まれています。

■オリジナル版「マッピー」などのデザインを手がけた小野 Mr.Dotman 浩氏が手がける新作マッピー
デザインは、オリジナル版「マッピー」のデザインに携わった小野 Mr.Dotman 浩氏。ストーリーは、マッピーがニャームコ達の盗品を取り返してから約15年という設定です。保安官だったマッピーが警部になり、制服のデザインも新しくなりました。また、お宝アイテムも当時もラジカセやテレビだったものが、MDラジカセやVHSビデオ付きテレビへと微妙に進化しています。そして高得点のモナリザは日本のあの名画に…。

■サウンドは「ドルアーガの塔」などの作曲を手がけたZUNKO氏
サウンドは、「ドルアーガの塔」「ギャプラス」「トイポップ」などの作曲を手がけたZUNKO氏です。ゲーム中の曲は、オリジナル版「マッピー」のテイストを残しつつ60年代チックなジャズの雰囲気の8ビット風の曲になっています。

ZUNKO氏はマッピーの敵キャラである猫のニャームコが好きでナムコ(現:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)に入社したほど。この企画の初期段階ではニャームコが主役だったのですが、マッピーが主役になるのが決まると、「ニャームコ主役のゲームだから喜んでいたのに」と残念がっていました。




(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『オルタンシア・サーガ』新ユニット「グレンデル」先行公開!3月28日に実装予定の第三部三章に登場

    『オルタンシア・サーガ』新ユニット「グレンデル」先行公開!3月28日に実装予定の第三部三章に登場

  2. Android版『討鬼伝 モノノフ』配信開始!―iOS版は近日配信

    Android版『討鬼伝 モノノフ』配信開始!―iOS版は近日配信

  3. 『ポケモンGO』金色のコイキング、存在が明らかに―進化で赤いギャラドスに!?

    『ポケモンGO』金色のコイキング、存在が明らかに―進化で赤いギャラドスに!?

  4. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  5. 『ポケモンGO』“みずタイプ”ポケモンたちのお祭りが開催中! 着せ替えアイテム「コイキング帽子」も追加

  6. 「マギアレコード」AJステージに悠木碧らキャスト登壇 ―蒼樹うめもサプライズ出演

  7. 『ポケモンGO』最新アプデVer.0.59.1情報が公開、7日連続でポケストップに訪れると……

  8. 【特集】『美少女が罵倒してくれるゲーム』10選

  9. あの国民的ゴルフゲームがスマホに!『みんゴル』2017年春配信決定

  10. 「幽☆遊☆白書」ゲーム化第2弾タイトルが発表!開発はKLab&アクセルゲームスタジオ、デフォルメキャラが多数登場

アクセスランキングをもっと見る