人生にゲームをプラスするメディア

【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた

その他 フォトレポート

【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
  • 【オトナの乙女ゲーム道】第29回:人気はあの時代!「和」にまつわる乙女ゲームを集めてみた
インサイドをご覧の皆様、こんにちは。先週から、西日本を中心に桜の開花が始まりました。毎年、この時期になると「日本人で良かったなあ…」としみじみしていしまいます。

そんな和の風情を感じる今日この頃ですが、乙女ゲームにも根強い人気をもつ『薄桜鬼』や『遙かなる時空の中で』をはじめ、先日発売した『百花百狼』など、和の雰囲気あふれるタイトルが多数登場していますね。

そこで独断と偏見で乙女ゲームについて語り尽くす「オトナの乙女ゲーム道」第29回では、和にまつわる乙女ゲームについてお話ししていきたいと思います。よろしくお付き合いください。



◆時代ごとにタイトルをチェック!

さて、一口に「和」といってもさまざまなタイプがありますので、今回はざっくりと時代ごとに分け、代表的なコンシューマ向けタイトルを挙げていきたいと思います。

まずは「平安時代」から。約400年続いた平安時代といえば、紫式部の「源氏物語」や、一時ブームとなった「陰陽師(安倍晴明)」などのイメージが強いですね。また、悲劇的な結末から後世に広く伝わる「源義経」や、それにまつわる人物なども有名です。



まず、最初に浮かぶのは、15年という長い歴史をもつ『遙かなる時空の中で』シリーズでしょう。1作目に続き『遙かなる時空の中で2』『遙かなる時空の中で3』も、平安時代によく似た世界となっていますね。このほか、源平合戦がベースの『源狼 GENROH』や陰陽師が登場する『雅恋~MIYAKO~』といったタイトルがあります。



◆有名武将や忍びが多数登場する戦国時代


続いては「戦国時代」をみてみましょう。歴史の授業で誰もが一度は名前を聞く有名武将が多数存在し、そのエピソードも多彩なためかゲームに限らず数々の作品の舞台となっていますね。乙女ゲームでも実在の武将が登場しているものも多く、甲賀・伊賀など忍者の活躍もベースとなっているのが特徴といえます。なかでも、主人公が「くのいち」であることが多いのも、この時代を扱った作品ならではでしょう。



織田信長や明智光秀、徳川家康などとの恋を堪能できる『下天の華』、武田軍と上杉軍を中心とした『二世の契り』、シリアスな展開で忍びの生き様を描いた『百花百狼 ~戦国忍法帖~』、忍術学校が舞台の『忍び、恋うつつ』、戦国時代を生きた鬼の物語『十鬼の絆』、絶世の美女として恋愛を楽しむ『天下一★戦国LOVERS』など、ラインアップも豊富となっています。



◆和の代表!江戸時代から人気を集める大正時代


「江戸時代」となると、時代劇など一般的にも「和のイメージ」の代表といった印象ですね。さらに幕末、とくに「新撰組」やそれらと対立する勢力を取り上げた作品も非常に多く生み出されています。乙女ゲームでは江戸の見世「万珠屋」を舞台とした『花咲くまにまに』、ブラウザゲーム『刀剣乱舞』でも注目の集まった名刀「天下五剣」も登場し、さまざまな陰謀が渦巻く『剣が君』のほか、激動の幕末を背景とした『薄桜鬼』『遙かなる時空の中で5』『幕末恋華』などがあります。





続いて「明治~大正時代」は、和に西洋の文化が混ざった「和洋折衷」の雰囲気を好む女性も多いことでしょう。明治時代のものは『明治東亰恋伽』『文明開華 葵座異聞録』など、大正時代のものは、間もなく発売となる『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』をはじめ、『大正鬼譚』『蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~』『月影の鎖』『華ヤカ哉、我ガ一族』、続編が発表となったばかりの『遙かなる時空の中で6』などもそうですね。『男遊郭』にも明治~大正を感じさせる背景ビジュアルが出てきます。



タイトル数からも、とくに高い人気が伺える大正時代。和と洋の「良いとこどり」といった独特の世界背景はもちろん、この頃になると歌劇や映画などの芸術的な文化がごく身近なものになったりカフェも登場したりと、乙女ゲームには欠かせない「ときめき」を感じるシチュエーションがぐっと増えるのも好まれる要因の一つかもしれませんね。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

アイドルや学園モノ、ファンタジーなど、さまざまなジャンルで盛り上がる乙女ゲーム。ぜひ、日本の「和」の雰囲気あふれる作品にも触れてみてくださいね。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  2. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

    【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  3. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

    TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  4. 【レポート】『大逆転裁判2』の最新情報も!ファンが大いに沸いた「逆転裁判 15周年 特別法廷」

  5. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  6. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 新作ゲーム購入に活用!「ドコモ口座Visaプリペイド」5%キャッシュバックの新キャンペーン開始

  9. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る