人生にゲームをプラスするメディア

『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに

ソニー PS4

『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
  • 『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
  • 『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
  • 『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
  • 『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
  • 『イースVIII』PS Vita数量限定版にはアドルの手稿などが同梱、初回特典はミニサントラCDに
日本ファルコムは、PS4/PS Vita『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』の数量限定版を発売すると発表しました。

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』は、『イース』シリーズ最新作となるアクションRPGです。日本ファルコム創立35周年記念作品として登場する本作では、セイレン島を舞台に「アドル=クリスティン」と「ダーナ」の冒険が描かれます。


今回は、PS Vita向け数量限定版となる『イースVIII -Lacrimosa of DANA- 数量限定プレミアム BOX』の情報が公開。また、あわせて初回特典の情報も明らかになっています。

◆数量限定プレミアム BOX、同梱アイテム詳細


■(1)オリジナルDLC衣装:アドルのシルバーアーマー


主人公アドルの衣装を初代『イース』で着用したシルバーアーマーに変更することができるオリジナルDLCコード。

■(2)古代書:アドル=クリスティン手稿(日本語訳版)


本作の舞台「セイレン島」での漂流生活中、冒険家アドルが書き記した多数のスケッチやメモを一冊の本としてまとめた手稿。晩年、アドルが冒険日誌を執筆する際に参考にしたと思われる資料を日本語訳版として再現したものとなっています。

■(3)イースLIMITEDメタルプレート

シリーズのイラストをモチーフにした特注メタルプレートをプレミアムグッズとして同梱。

◆初回特典について



通常版・数量限定プレミアム BOXともに、初回特典は『イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック mini」となっています。劇中使用曲の中から選ばれた熱いBGMが、特製ジャケット仕様のサウンドトラックに収録されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』は2017年夏発売予定です。

PS Vita版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』は2016年7月21日発売予定です。

(C)2016 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『マクロスΔスクランブル』公式サイトオープン!初回封入特典や期間限定生産版の情報も公開

    『マクロスΔスクランブル』公式サイトオープン!初回封入特典や期間限定生産版の情報も公開

  2. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

    PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  3. PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

    PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

  4. PS Vita『マクロスΔスクランブル』10月20日発売決定!「マクロスΔ」のみならず過去作キャラも参戦

  5. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  6. 結局バサラってどんなゲーム?という人必見!自分で戦国時代を創世できる『戦国BASARA4』新要素総まとめ

  7. 「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

  8. PSVRタイトルは「ほぼ全て」DS4でプレイ可能、海外メディアが報じる

  9. 『ベルセルク無双』「セルピコ」「シールケ」のアクションが公開、「断罪篇」ストーリーやゲームの流れなども

  10. 【レポート】『ペルソナ5』序盤の展開が明らかに! 本質に迫る開発者インタビューも必見

アクセスランキングをもっと見る

page top