人生にゲームをプラスするメディア

音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供

その他 全般

音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供
  • 音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供
HOYAサービスは、新プロジェクト「音声合成の声優事務所」の立ち上げを発表しました。

HOYAサービスは音声合成ソフト「VoiceText」シリーズを手がけるメーカーです。今回発表された「音声合成の声優事務所」では、さまざまな製品・サービスにぴったりの個性的な“音声合成の声優”を2016年春から提供するとのこと。

特徴は喜怒哀楽の感情を4段階で表現できる「感情音声合成」と、予め収録しておいた芸能人や声優の声からオーダーメイドの音声を合成する「オリジナルボイス」で、これらはシャープのスマートフォンやERATO石黒共生のアンドロイド「ERICA」などに導入された実績があります。

公式サイトでは実際に音声合成を試すことができ、健気なメイド「ヒカリ」、頼れる執事「タケル」、新人DJ「ショウゴ」、元気な女の子「ヒナ」、やさしい男の子「コウタ」、バイリンガル「エマ」、博識なネコ「ツナ」といったサンプルキャラクターたちも公開されています。

■HOYAサービスのコメント
近年、技術が急速に進歩し、これまでの産業分野だけでなく、さまざまなサービス分野で音声による対話インターフェイスが活用されています。ロボットや仮想パーソナルアシスタントが身近になりつつあり、これまでのような情報伝達のため「声」ではなく人とロボットがコミュニケーションするための感情や個性を持った「声」が必要とされています。弊社では、そのような時代に対応するために新コンセプトサイト「音声合成の声優事務所」を立ち上げ、さまざまな製品・サービスにぴったりの個性的な「音声合成の声優」を提供していきます。
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

    【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  2. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

    【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  5. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  8. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  9. 『モンハン』リアル脱出ゲームが3月22日より全国16都市で開催、火竜リオレウスに挑むハンターとして謎を解け!

  10. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

アクセスランキングをもっと見る