人生にゲームをプラスするメディア

音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供

その他 全般

音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供
  • 音声合成専門の声優事務所が誕生!?感情表現が可能なVoiceTextを使用し、個性的な声を提供
HOYAサービスは、新プロジェクト「音声合成の声優事務所」の立ち上げを発表しました。

HOYAサービスは音声合成ソフト「VoiceText」シリーズを手がけるメーカーです。今回発表された「音声合成の声優事務所」では、さまざまな製品・サービスにぴったりの個性的な“音声合成の声優”を2016年春から提供するとのこと。

特徴は喜怒哀楽の感情を4段階で表現できる「感情音声合成」と、予め収録しておいた芸能人や声優の声からオーダーメイドの音声を合成する「オリジナルボイス」で、これらはシャープのスマートフォンやERATO石黒共生のアンドロイド「ERICA」などに導入された実績があります。

公式サイトでは実際に音声合成を試すことができ、健気なメイド「ヒカリ」、頼れる執事「タケル」、新人DJ「ショウゴ」、元気な女の子「ヒナ」、やさしい男の子「コウタ」、バイリンガル「エマ」、博識なネコ「ツナ」といったサンプルキャラクターたちも公開されています。

■HOYAサービスのコメント
近年、技術が急速に進歩し、これまでの産業分野だけでなく、さまざまなサービス分野で音声による対話インターフェイスが活用されています。ロボットや仮想パーソナルアシスタントが身近になりつつあり、これまでのような情報伝達のため「声」ではなく人とロボットがコミュニケーションするための感情や個性を持った「声」が必要とされています。弊社では、そのような時代に対応するために新コンセプトサイト「音声合成の声優事務所」を立ち上げ、さまざまな製品・サービスにぴったりの個性的な「音声合成の声優」を提供していきます。
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

    随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  4. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  5. 『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

  6. 「響け!ユーフォニアム2」新ビジュアル公開!爽やかな青空をバックに少女たちが集結

  7. 「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

  8. 劇場版「モンスト」めくってびっくりのオリジナルシールチラシ完成

  9. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達、最新作『イナズマイレブン』への質問に日野晃博が返答、コロプラがVRロボ格闘ゲームを発表…など(7/28)

  10. 『イナズマイレブン アレスの天秤』バージョンの“豪炎寺修也”公開! 頭身の上がったイラスト公開

アクセスランキングをもっと見る

page top