人生にゲームをプラスするメディア

『真 流行り神2』制作決定! 謎めくTwitterアカウントの情報を組み合わせて発覚

その他 全般

『真 流行り神2』制作決定! 謎めくTwitterアカウントの情報を組み合わせて発覚
  • 『真 流行り神2』制作決定! 謎めくTwitterアカウントの情報を組み合わせて発覚
日本一ソフトウェアは、『真 流行り神2』の制作を発表しました。

『流行り神 警視庁怪異事件ファイル』が2004年にリリースされ、以後シリーズ作が様々な形で展開を重ねてきました。そして2014年には、システム面などの魅力を引き継ぎながらも登場人物などを全て入れ替え、新たなスタートを切った『真 流行り神』が登場し話題を集めました。

「恐怖を追求する」という開発コンセプトを持った『真 流行り神』は、ギリギリまでリアルな表現・描写にこだわり、レーティング区分はシリーズ初となる「Z」に。そんな意欲作の続編となる『真 流行り神2』の制作が、このたび明らかとなりました。



同社は先日、「千鳥橋(@chidoribashiNIS)」という謎のTwitterアカウントを開設しました。そのアカウントでは、真夜中の橋に蠢く人影や、血まみれの人形などを収めた映像を公開しており、不気味な雰囲気を醸し出しています。

そして最新の映像では、画面が切り替わって「2」と描かれたロゴを表示。またTwitterアイコンには『真 流行り神』公式サイトのURLが記載されており、このふたつを組み合わせて「http://hayarigami.com/shin_hayarigami2/」にアクセスしてみると、そこには「『真 流行り神2』制作決定」の文字が。


詳細に関しては明かされていませんが、人気シリーズが更なる動きを見せていることは間違いなさそうです。続報も待ち遠しいばかりですが、まずはこの朗報を喜んでおきましょう。

(C)2016 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

    青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

    【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

  4. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  5. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  6. 【昨日のまとめ】ゲーム業界の重鎮が集う会員制飲食店「84」へ潜入、『ポケモンGO』配信中の最新アップデート続報、『スプラトゥーン2』街中の1シーンが公開…など(2/17)

  7. 【日々気まぐレポ】第186回 話題のフレームアームズ・ガール新作「フレズヴェルク」を、あえて素体だけで遊んでみた

  8. 『ポケモン』のモンスターボール・マスターボールが目ざまし時計に! 総勢22匹のポケモンが彩る大音量目ざまし時計も

  9. 持たずにさせる傘「フリーパラソル」が超未来的…!商品化に向けたアイデアの募集が開始

  10. 【レポート】二次元やVR上のヒト・モノに触れられる“触覚”デバイス「EXOS」を体験 ― 感触をデータ化して共有することも

アクセスランキングをもっと見る