人生にゲームをプラスするメディア

アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも

その他 アニメ

アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
  • アニメ「逆転裁判」の絵コンテを写真で!コメント入りキャストサイン色紙や「コナン」とコラボしたワイヤーアートも
先日行われた「AnimeJapan 2016」のYTV(読売テレビ)ブースにて、TVアニメ「逆転裁判」の展示が実施されました。

法廷でのバトルを通じて事件の真相を明らかとし、華麗なる逆転劇を描く人気ADVシリーズ「逆転裁判」。ナンバリングの最新作となる『6』に対する関心も高まっていますが、今年の4月より幕を開けるTVアニメ「逆転裁判」が気になっている方も多いことでしょう。


放映に先駆けて行われたTVアニメ「逆転裁判」の出展エリアに行くと、タイミングが良かったのか、主人公の成歩堂龍一と綾里真宵が出迎えてくれました。この2人は、成長した姿で『6』に登場することが決まっていますが、TVアニメ版の彼らは初々しさすら感じさせ、ゲームファンとしてはちょっとだけ懐かしさも覚えます。


出展エリアに入ると、まずはキャスト陣のサイン色紙がズラリ。しかも梶裕貴さんは「異議あり!」、悠木碧さんは「なるほどくん、がんばって!」など、演じたキャラの台詞つきというファンサービスも。ちなみに糸鋸圭介役を担当した岩崎征実さんのサインには、「ッス!」と書かれており、思わず二度見。指摘されてみると、確かにこれがお馴染みの台詞かもしれません。


そしてもうひとつの見どころは、渡辺歩さんが手がけた、第1話「初めての逆転」の絵コンテ展示。成歩堂が描かれているコマ割りを見ていると、これがどのように動くのかと期待が膨らみます。


また見逃せないのは、お馴染みの演出。コマ割りいっぱいに覆い尽くされた「異議あり!」の文字は、原作を彷彿とさせるポイント。もちろん、指さしポーズな成歩堂の姿も。正面のカットだけでなく背後からの視点もあり、小気味よい演出と共に決めてくれる予感がします。

加えて、「名探偵コナン」とコラボレーションしたワイヤーアートも展示。これは、角度によって見えるものが変わるという、実にユニークな3Dアートです。この変化ぶりを画像でお伝えするのは難しいため、この驚きを味わいたい方は、公式Twitterで公開されている動画を直接チェックしてみましょう。



出展内容も実にユニークでしたが、アニメでも視聴者を驚かせてくれるのでしょうか。放送開始日が近づいているので、視聴可能な地域の方は日時の確認もお忘れなく。

(C)CAPCPM/読売テレビ・A-1 Picures
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  4. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  5. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  8. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  9. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る