人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ新作は 「タイムボカン」!?新作プロジェクトが発表…企画協力/キャラ・メカ原案を担当、日野晃博も参加

その他 アニメ

(C)タツノコプロ
  • (C)タツノコプロ
タツノコプロは2017年10月に創立55周年を迎える。それを記念して、2016年10月からを55周年イヤーと位置付けて、新作アニメを中心に様々な展開を行っていく。
今回は新たに、新作テレビアニメ2作品が発表された。その一つ『タイムボカン24(トゥエンティーフォー)』は、タツノコプロの名作をレベルファイブとの強力タッグで復活させた新シリーズである。

『タイムボカン24』は1975年に第1作が製作された「タイムボカン」シリーズの最新作だ。『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン』をはじめ、数々のヒット作を生み出してきたゲームメーカー・レベルファイブとタッグを組み、新シリーズを送り出すことになった。
企画協力/キャラクター・メカ原案はレベルファイブ、クリエイティブプロデューサーは同社の日野晃博が担当。監督には『ジュエルペット サンシャイン』など子供向けギャグアニメを手がけた実績を持つ稲垣隆行、シリーズ構成には『妖怪ウォッチ』『モンスターストライク』の加藤陽一を迎えた。

気になるストーリーはまだ不明だが、これまで両社が手がけてきた作品と同様に、子供も大人も楽しめるテレビアニメシリーズになりそうだ。キービジュアルには現代風にアレンジされたキャラクターやメカの姿が確認できた。
タツノコプロの王道ギャグメカアニメのノウハウとレベルファイブの企画力が合致した痛快なアニメに期待したい。放送開始時期は2016年秋を予定している。

「タイムボカン」シリーズは1975年10月にフジテレビの毎週土曜18時30分の時間帯で放送スタート。テレビ局にとっては視聴率が取れない鬼門の時間帯であったが、最高視聴率26.3%、平均視聴率19.0%という記録を叩き出し、シリーズ合計7作品・8年間に及ぶ長期枠となった。2008年には読売テレビ系で新作『ヤッターマン』が放送、2015年には深夜作品『夜ノヤッターマン』がオンエアされるなど、リメイク作品も大きな話題となった。
[高橋克則]

『タイムボカン24(トゥエンティーフォー)』
2016年秋アニメシリーズ放送開始

[スタッフ]
原作: タツノコプロ
監督: 稲垣隆行
シリーズ構成: 加藤陽一
クリエイティブプロデューサー: 日野晃博
企画協力/キャラクター・メカ原案: レベルファイブ
アニメーション制作: タツノコプロ

(C)タツノコプロ

タツノコプロとレベルファイブがコラボ 「タイムボカン24」2016年秋オンエア開始

《高橋克則》

その他 アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

    【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  2. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

    【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

  3. 「甘々と稲妻」農林水産省とタイアップ!共食を応援するコラボポスター公開

    「甘々と稲妻」農林水産省とタイアップ!共食を応援するコラボポスター公開

  4. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  5. 劇場アニメ「聲の形」字幕付上映が決定…全劇場が対象、“こえ”を文字でも届ける

  6. 『艦これアーケード』6月30日より「敷浪」「足柄」などの艦娘が登場、戦いの様子を動画でチェック

  7. 【週刊インサイド】『イナズマイレブン』最新情報に話題集中…羊を増やすカードゲームや『スパロボV』などの注目作にも注視

  8. スマホで操作できる電動スケボー登場!最高時速は約20km

  9. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  10. ゲーム業界アニメ「NEW GAME!」2分近い最新PVで魅力を先取り! 第1話のあらすじも到着

アクセスランキングをもっと見る

page top