人生にゲームをプラスするメディア

「シネマシティ」爆音上映が4月から進化!新形態“スピーカー23台構成”で極上に…「ガルパン劇場版」上映は5月まで延長

その他 映画

 
  •  
  •  
  •  
爆音上映で知られる東京・立川の映画館「シネマシティ」。特に最近は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ガールズ&パンツァー 劇場版」のヒットにより人気が高まっていますが、この爆音上映がさらに進化することが明らかになりました。

これは4月2日から再び上映される「マッドマックス 怒りのデス・ロード」にあわせたもので、爆音上映が行われている「シネマ・ツー aスタジオ」にmeyer sound社のラインアレイスピーカー「LEOPARD」を新たに導入。最新・最強の武器ゆえ、その費用は60,000,000円を超えるそうです。

この「ラインアレイスピーカー」とは“複数のスピーカーを縦に重ねた”もので、同スタジオでは前面・左右・センターに導入。左右は「LEOPARD」(レパード) 6台+サブウーファー「900-LFC」1台、センターは「LEOPARD」8台+「900-LFC」1台という計23台のスピーカー構成になります。これにより、音は円筒状に飛び、距離による減衰は少なく、余計な反射は減り、よりクリアな音を響かせることが可能になるのだとか。

さらに、今回の新スピーカーの導入に伴い、「ガールズ&パンツァー劇場版」の上映が5月13日まで延期することが決定。同映画館は「『マッドマックス』のためのaスタジオ新スピーカーの導入により、必然『ガルパン』センシャラウンド ファイナルもさらなるハイクオリティへ。この興奮を抑えきれず、勢いあまって5/13(金)まで延長決定。連休を利用して、遠方の方もぜひ立川へ。」とコメントしています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

    ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

  2. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

    【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  3. 「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

    「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

  4. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  5. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  6. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  7. 【オトナの乙女ゲーム道】第1回 乙女ゲームの歴史を振り返る ― ネオロマからオトメイト、ハードの変化まで

  8. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

  9. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  10. 「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

アクセスランキングをもっと見る