人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモンGO』続報到着!ポケモンの捕まえ方、レベルアップ、進化、バトルなどのシステムが明らかに

モバイル・スマートフォン iPhone

 
  •  
  •  
  •  
株式会社ポケモンとNianticは、iOS/Androidアプリ『Pokemon GO』のシステム情報を公開しました。

3月下旬よりフィールドテストが実施される『Pokemon GO』ですが、新たに更新された公式サイトとNianticのサイトによると、本作ではGPS技術とAR技術を組み合わせたシステムが採用されており、次世代の「リアル・ワールド・ゲーム」のプラットフォームを体現するゲームになるとのこと。出現ポケモンと現実の場所は連動しており、プレイヤーは色々な場所を歩き、探索することで、その場所にふさわしい野生のポケモンを捕まえることができます。

またゲームプレイの詳細も公開。項目別にまとめたものをお届けします。

◆ポケモンの捕まえ方
自分の近くにポケモンが現れるとスマートフォンが振動し、マップ上に現れたポケモンをタップすることでポケモンと遭遇。ポケモンは実際の風景の上に現れ、画面上のモンスターボールをスワイプして投げると、捕まえることができます。

◆ゲーム内アイテム
ゲームで使用するアイテムはマップ上に現れる「ポケストップ」と呼ばれる特定の場所で入手でき、「ポケモンのタマゴ」や「モンスターボール」などが用意。「ポケストップ」は名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されており、これは『Ingress』でいう「ポータル」のようなものです。

◆レベルアップ
本作ではプレイヤー側にレベルの概念があり、多くのポケモンを捕まえることによってレ
ベルが上がります。レベルアップすることで、より強いポケモンと遭遇でき、良い道具も入手できるようになります。

◆ポケモンの進化
『ポケットモンスター』シリーズ同様に、本作にもポケモンの進化要素が用意されています。ただ進化方法は本作独自のものになっており、同じポケモンをたくさん捕まえることで、1匹を進化させることができます。

◆ポケモンのタマゴ
「ポケモンのタマゴ」はプレイヤーが実際に歩くことで、かえすことができます。

◆チームとジム
本作には3種類のチームが用意されており、レベルを上げることで参加することが可能に。これらの「チーム」はゲーム内で対立しており、同じ「チーム」のメンバーと協力しながら、マップ上に出現する「ジム」の所有権と名声をかけたPvPを楽しむことができます。

■所属方法
マップ上にある「ジム」に自分のポケモンを配置すると、その「ジム」に所属できるようになります。ただし配置できるのは、どのチームのポケモンも配置されていない「ジム」か、自分と同じチームのポケモンが配置されている「ジム」のどちらかです。

■ジムバトル
あるチームのポケモンが配置された「ジム」は、他の2チームからバトルを挑まれることがあります。これが本作のバトル「ジムバトル」で、1つの「ジム」には1プレイヤーにつき1匹までしか配置できないので、他のチームメンバーと協力して複数のポケモンを配置し、「ジム」の防御を固める必要があります。

『Pokemon GO』は2016年サービス予定です。

(C)2016 Poke'mon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)2016 Niantic, Inc.
《栗本 浩大》

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

    『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

  2. 【特集】『アトム:時空の果て』手塚眞×松山洋×イバイ・アメストイ直撃インタビュー! 彼らが感じる手塚治虫作品の魅力とは

    【特集】『アトム:時空の果て』手塚眞×松山洋×イバイ・アメストイ直撃インタビュー! 彼らが感じる手塚治虫作品の魅力とは

  3. 「XFLAG PARK 2016」で『モンスト』新情報が続々公開!「エクリプス」「ナナミ」「ウリエル」などが獣神化

    「XFLAG PARK 2016」で『モンスト』新情報が続々公開!「エクリプス」「ナナミ」「ウリエル」などが獣神化

  4. 【キャンクラ攻略】『キャンディクラッシュサーガ』レベル606からの新たなアイテムはカエル!? ぴょーんとジャンプして、9コのキャンディをまとめてクラッシュ!(第9回)

  5. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

  6. なんと賞金総額5000万円、『モンスト』日本一を決める「モンストグランプリ2016闘会議CPU」開催決定

  7. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  8. 『キャンディークラッシュ』がとうとう“レベル2000”に! 全世界プレイ回数も1兆回を突破

  9. 『チェインクロニクル』第3部は今冬配信予定!メインストーリーには義勇軍の英雄たちも登場

  10. 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる

アクセスランキングをもっと見る

page top