人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームの中では傍若無人】29回 Wii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』 ミドナは女王様でもツンデレでもカワイイ。

その他 フォトレポート

ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人
  • ゲームの中では傍若無人



ゼルダシリーズの中でも抜群の人気を誇る『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』(以下『トワプリHD』)。本作は2006年にWii版とGC版が発売されました。大きな違いはマップ反転。Wii版はWiiリモコンを使った直感操作を楽しむため、左利きのリンクが右利きになり、世界全体が反転しています。HD版ではGC版準拠となっているのでリンクは左利きがデフォルト。Wii U GamePad、またはWii Uクラシックコントローラーでプレイします。筆者はWii版、GC版どちらもプレイしましたが、初めての直感操作だったWii U版の記憶が鮮明すぎて、トアル村を抜けるまでかなり苦労しました(笑)


GamePadだけでもプレイ可能ですが、TV+アイテム交換&マップ確認用としてGamePadを使うのがベスト。ボス戦などよほど切羽詰まっている場面でない限り中断せずにサクサクとアイテムの切り替えができます。アイテムは3つまで設定可能。GamePadの大マップと画面左下のミニマップを組み合わせるとかなり便利です。リンクが人から狼に変身する動作もGamePadのアイコンワンタッチで可能。Wii Uにおけるゼルダの操作は『風のタクトHD』と『トワプリHD』でほぼ形ができあがったように感じます。新作ゼルダは果たしてどうなるのか?ますます期待が高まります。



HD化にあたり、細かな部分がプレイしやすいように修正されていますが、『風のタクトHD』のトライフォースのかけら集めのような大きな修正はないようです。旧作をプレイした方も違和感なくプレイできます。そしてわかりやすい修正といえば見た目の美しさ。暮れゆくオルディン大橋、フィローネの森の木漏れ日、ハイリア湖の朝焼けなど、より美しくなったハイラルの風景をご堪能あれ。

美しいといえば、HD版のゼルダ様、ものすごく綺麗で、登場シーンは思わずため息が出てしまいました。やや出番が少なめなのが残念なところです。代わりに冒険の良きパートナーとして側にいてくれるのがミドナ。ミドナの人気は今更語るまでもないですね。

『ゼルダ無双』でリンクにデレた状態のミドナを見過ぎたせいか、会ったばかりの憎まれ口や女王様気質がとっても新鮮でした。そして惚れ直しました。しもべにでも何にでもなります! ~からのツンデレ発言でノックアウト。どちらのミドナも最高です。リンクとミドナが次第に打ち解けあっていく姿も、本作の魅力ですね。



もともと『トワプリ』は表情豊かなキャラクターが見どころの一つでしたが、HDはより豊かな表現となっており、まるで生命が吹き込まれたかのよう。全ゼルダシリーズの中でもリアル寄りでダークなイメージも強い作品なので、光の美しさと、闇の恐ろしさのギャップを楽しんではいかがでしょうか?



ホンネ君「CERO Bだからボス戦もわりとエグイぞ」 はい、その通り…

Wii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』は6,156円(税込)で発売中。

■著者紹介
みかめ ゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。ゲームはジャンル問わず下手の横好きでなんにでも手を出す。歴史マンガ、コラム、イラストなど雑多に活動中。代表作『ふぅ~ん、真田丸』(実業之日本社)

(C) 2006-2016 Nintendo
《みかめ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

    【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  2. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

    【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  5. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  8. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  9. 『モンハン』リアル脱出ゲームが3月22日より全国16都市で開催、火竜リオレウスに挑むハンターとして謎を解け!

  10. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

アクセスランキングをもっと見る