人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー

その他 玩具

【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
  • 【日々気まぐレポ】第140回 鉄血のオルフェンズついにクライマックス!「HG ガンダムバルバトス第6形態」レビュー
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる週間連載「日々気まぐレポ」、第140回目でございます。

今週はバンダイから発売中のガンプラ「HG IBO ガンダムバルバトス第6形態」をご紹介。こちらは、いよいよ放送もクライマックスを迎えるTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主役モビルスーツ「ガンダムバルバトス」の最新形態をHGでガンプラ化したキットです。

基本的には以前に当連載でもご紹介しました「HG IBO ガンダムバルバトス第4形態」と同じで一部ランナーが共通。しかしながら、フレームランナー等は一見同じに見えるようで細かな部分などが第6形態用に新規で作り直されており、このキットだけで第4形態を完全に再現することはできません。



バルバトス本来の姿に近いとされていた第4形態に、グレイズリッター(一般機)の肩アーマー、胸部装甲、腰部ブースターを追加し、足をヒール状の物に換装した第6形態。重力下での機動力を意識した頭身の高さと、よりホワイトの面積が増えたカラーリングが特徴的です。

基本的となる色分けは第4形態に準じ、成型色にホイルシールでの再現という点は変わらず。追加部分では肩アーマー部のサイド、腰部ブースターの先端付近などがシール色分けとなっています。特にグレイズリッターの肩アーマーのブルーは面積が広いので塗装を選択するかシールを貼るかは悩みどころかもしれません。



武装としては大型の長物であるレンチメイスが付属。こちらはレンチ部分が開閉可能なほか、内部のチェーンソーの刃部分が差し替えで再現可能です。シンプルなモナカ割なので見た目よりは軽量。支えなしでも片腕でなんとか保持することが可能です。

レンチメイス関係では、懸架用のアタッチメントパーツが2個、バックパック接続用のアームが1個付属。アームは2パーツ構成で可動軸も設けられており、第4形態のものに比べより自由度が増しました。

この他に、バルバトス第5形態を再現するための各種パーツが付属。第5形態の地上戦仕様はこのキットのオプションパーツのみで再現することが可能ですが、対キマリス時に見せた宇宙用の第5形態を再現するには「HGIBO ガンダムバルバトス第4形態 & 長距離輸送ブースター クタン参型」の腰部アームパーツと「HG IBO シュヴァルベグレイズ マクギリス機(完全に再現するなら限定発売のガエリオ機)」のブースターパーツが追加で必要となります。



さらに、ボーナスパーツとして、グレイズリッター用のパーツも付属。こちらは発売中の「HG IBO グレイズリッター カルタ機」と組み合わせて遊べるもので、頭部と胸部を換装し、バルバトス第6形態の肩アーマーと合わせることでグレイズリッターの一般機を再現することが可能になります。

低価格帯のキットながら、各種形態再現パーツが豪華にセットされているなど、第4形態を上回るプレイバリューを誇る今回の第6形態。上述のグレイズリッターとのギミックの兼ね合いから第6形態では、肩のガンダムフレームがグレイズフレームタイプと互換性のある形状に変更されており、発売中のグレイズフレームタイプとヴァルキュリアフレームタイプなどと組み合わせて自由に遊ぶことが可能になりました。

敵機のパーツを奪って味方の装備を拡充していく「鉄血のオルフェンズ」という作品のストーリー設定と、ガンプラ遊びの自由度が巧みに織り交ざった、傑作キット。劇中の中途形態の再現もよし、オリジナルのバルバトスを造り上げるも良しと、このキットだけで終わるには勿体無いガンプラなので、是非その他のHG IBOシリーズキットと組み合わせて遊んでみてください。オススメですよ!

「HG IBO ガンダムバルバトス 第6形態」は発売中。価格は1,512円(税込)です。

(C)創通・サンライズ・MBS


■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterにて随時受付中。




Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る