最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

『ディビジョン』バージョン1.0.2パッチノートが海外向けに公開、Lootなど一部修正

2016年3月22日(火) 11時22分
『ディビジョン』バージョン1.0.2パッチノートが海外向けに公開、Lootなど一部修正
『ディビジョン』バージョン1.0.2パッチノートが海外向けに公開、Lootなど一部修正

Ubisoftは、オープンワールドRPG作品『Tom Clancy's The Division(ディビジョン)』に配信予定としている「バージョン 1.0.2」のパッチノートを海外向けに公開しました。パッチノートの一部内容は以下の通りです。

■パッチノート
・チャレンジモードにおける固有名付きの敵からのLootが、ハードモードよりも高品質なものになった

・PvP/PvEでのスタンロックを避けるため、Static Turretのスタン攻撃にクールダウン時間を追加

・固有名付きの敵がオープンワールドで殺害された際、リスポーンしないように変更。これによってプレイヤーは繰り返しNPCを殺害することが不可能になる

・武器タレント“Trained”を修正

・“Rooftop Comm Relay”ミッションでのスピードラン要素を排除

・リロードアニメーションがエージェントのスキルで妨げられた際に武器の与ダメージがなくなる不具合を修正

・オートラン状態でエモートアニメーションを使用した際にプレイヤーがスタックする不具合を修正

・“Death by Proxy”タレントを使っている間にスキルパワーが永続的に増加する不具合を修正

詳細なパッチノートはこちら。これらの更新を含むサーバーメンテナンスは日本時間で3月22日午後5時から行われるとのことで、3時間のダウンを予定していることがTwitterで告知されています。

  • 『ディビジョン』バージョン1.0.2パッチノートが海外向けに公開、Lootなど一部修正の画像
(Article written by Game*Spark)
評価の高いコメント
  • 2016年3月22日 21:14:05 ID: SKgAl9tDGOIj
    1 なまえがありませんさん
    通報する

    オープンワールド上というのはダークゾーンは入らないという事でいいのかな?
    家庭持ちの週末プレイヤーにとって、下方修正は大打撃なんですが
    バランス調整は難しいのはわかるが、延命の為の下方修正は冷めますよね

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 1 件

ソニーアクセスランキング