人生にゲームをプラスするメディア

【特集】みんなそれぞれのポケモンの思い出(10)「姉妹で遊んだ『ポケモン 赤・緑』の日々」

任天堂 その他

初めてプレイしたのは、『ポケットモンスター 緑』でした。赤と緑どちらでもよかったのですが、ヒトカゲに一目惚れした妹が『ポケットモンスター 赤』をプレイしたいということで『ポケットモンスター 緑』になりました。いま考えると、きずぐすりなどのどうぐをケチケチ使う私にとって、HPが回復する技である「やどりぎのタネ」が使えるポケモンを選択したのは正解だったのだとおもいます。

2人ともゲームボーイ本体も一緒に買ってもらい、それまでリビングにあるテレビ画面の前に座ってプレイするものだったゲームが、家のどこでも手元の端末で遊べるようになったことにわくわくした記憶があります。昔からゲームは攻略本片手にプレイしていたのですが、この時代の攻略本はどれも分厚くて、妹にページを開いてもらいつつ進めていました。しかし、ポケモンの攻略本は文庫サイズの小さな本だったので子ども1人でも扱いやすく、いつも持ち歩いていたのもいい思い出です。

発売からしばらくして、妹がポケモンを交換しようと提案してきました。当時は能力の差異を考えず、出現するポケモンを片っ端から捕まえては育てていた私は、大半の時間をトキワの森で過ごしており、そろそろタケシと戦おうかなと身構えていた頃でした。一方の妹は、すでにオレンジバッジを獲得し悠々自適な自転車生活を送っていると分かり絶望。姉としてのプライドを保つため、がっつり能力を考え育成するポケモンを選び、寝る間も惜しんで進めました──という、まだ若きポケモントレーナーだった日を回想した20周年となりました。

特集 ポケットモンスター20周年

ポケモンゲーム史
1996年2月27日、全てはここから始まった「ゲームボーイ」編
世界はカラフルになった「ゲームボーイカラー」編
アドバンスに進化するルールやシステム達「ゲームボーイアドバンス」編
通信もWi-Fiで進化した「ニンテンドーDS」編
そして未来へ繋がっていく『ポケットモンスター』「ニンテンドー3DS」編

特別インタビュー
ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー
《まいたこ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

    E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  2. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  3. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  4. 『真・女神転生IV FINAL』DL版セールが開始―4月10日までの期間限定!

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. 『モンハンダブルクロス』不具合を修正する更新データを近日中に配信

  7. 3DS『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』今秋発売! DS版をリファインして追加要素も用意

  8. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  9. 3DS『世界樹と不思議のダンジョン2』発表! 発売は8月31日

  10. ニンテンドースイッチがゲームキューブ風に!海外クリエイターが懐かしのカスタマイズに挑戦

アクセスランキングをもっと見る