人生にゲームをプラスするメディア

『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも

ソニー PS4

『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
  • 『討鬼伝2』新武器「盾剣」と「仕込鞭」のアクションが判明!新たなキャラやミタマも
コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『討鬼伝2』に登場するキャラクターや武器などの情報を公開しました。

和風ハンティングアクション『討鬼伝』シリーズの最新作であり、広大なフィールドを舞台とするオープンワールドシステムを採用した『討鬼伝2』。「ミッションを受けて、ハンティングをする」という既存の流れを打破する本作は、刺激的な体験が味わえる一作として早くも注目を集めています。



今回は、特定条件を満たすことで立ち回りに有利な効果が自動的に発動する「ニギタマフリ」や、攻撃を主体とした強力な効果が発動する「アラタマフリ」といった、ミタマに関する新情報が明らかに。また、本作に登場する新たなキャラクターや武器などの詳細も判明しているので、オープンワールドという新たな舞台で繰り広げる“鬼”との戦いに備え、しっかり予習を済ませておきましょう。

◆キャラクター


■罪を背負った英雄「紅月」(べにづき):武器 薙刀

マホロバの里最強との呼び声高いモノノフ。オオマガドキで活躍した五人の英雄「イツクサの英雄」の一人。温和な人柄で誰からも慕われていたが、とある事件をきっかけに影のある表情を見せるようになる。



■喧嘩上等の風来坊「焔」(ほむら):武器 仕込鞭

流れ者のモノノフ。盗みを生業に各地を流浪していたが、紅月に叩き伏せられ、心ならずも従うようになる。正規の訓練を受けたことは一度もないが、我流で仕込鞭を自在に使いこなす。



◆ミタマ


■源義経(イラストレーター ひと和)
区分:「武」 戦闘スタイル:攻
攻撃を得意とする戦闘スタイル。鬼祓い中、気力回復速度が上昇し、気力消費中でも回復する。


■アテルイ(イラストレーター 岩本ゼロゴ)
区分:「雅」 戦闘スタイル:防
"守りを得意とする戦闘スタイル。鬼祓い中、防御ゲージを溜める。防御ゲージは攻撃を受けると減り、0になるまで体力の代わりとなる。


■聖徳太子(イラストレーター いずみ椎乃)
区分:「古」 戦闘スタイル:繰
"繰鬼を具象化し、五大属性の扱いを得意とする戦闘スタイル。繰鬼に任意の五大属性を付与する。鬼祓いに成功すると、繰鬼の具象時間が増加する。


◆武器


■盾剣(たてけん):攻撃属性 斬・突・砕

攻守にバランスの取れた武器。盾を剣として扱える機構を持ち、盾剣と双剣、二つの型を切り替えることで攻防に優れた多彩な近接戦闘が可能となる。

【アクション】
▼守ノ型
大剣による力強い攻撃と盾による防御で堅実な立ち回りを得意とする。敵の攻撃をいなしながら攻撃を放つ反撃技も持ちあわせており、攻防一体の立ち回りが可能。武器に加わった“鬼”の気を蓄えることができ、攻ノ型でその力を解放することで恐るべき火力を発揮する。

▼攻ノ型
双方の剣による怒涛の連撃を得意とする。防御ができなくなる代わりに回避性能の高い技を持ち、攻撃をかわしながら手数で圧倒する立ち回りが可能。

【特殊技】
▼守ノ型
特殊技は<朧月(おぼろづき)>。五感を研ぎ澄ますことで、複数の攻撃を自由に組み合わせ、変幻自在に連続攻撃を繰り出す。攻撃を組み合わせるごとに威力が増加し、すべてヒットすることで、とどめの一撃を放つことができる。

▼攻ノ型
特殊技は<一穿(ひとうがち)>。気力を剣先から一気に放出することで、強力な一撃を放つ。

■仕込鞭(しこみむち):攻撃属性 斬・突

鞭に様々な仕掛けを仕込み、変幻自在の立ち回りを得意とする武器。節の部分には刃が仕込まれており、“鬼”の表層を削ぎ落とす多段攻撃を可能とする。先端の刃には苦無が仕込まれており、飛ばしてあらゆる場所に突き刺すことができる。

苦無が突き刺さった部位を攻撃すると、苦無の本数に応じて威力が上がる他、突き刺さった苦無に鞭を括りつけて飛びかかったり、苦無を爆発させたりできるなど、幅広い立ち回りが可能。

【アクション】
鞭に様々な仕掛けを仕込み、変幻自在の立ち回りを得意とする武器。節の部分には刃が仕込まれており、“鬼”の表層を削ぎ落とす多段攻撃を可能とする。先端の刃には苦無が仕込まれており、飛ばしてあらゆる場所に突き刺すことができる。

苦無が突き刺さった部位を攻撃すると、苦無の本数に応じて威力が上がる他、突き刺さった苦無に鞭を括りつけて飛びかかったり、苦無を爆発させたりできるなど、幅広い立ち回りが可能。

【特殊技】
特殊技は<神楽(かぐら)>。前方広範囲に高速で鞭を乱れ打つ。隙は大きいが、大型“鬼”の全部位を攻撃できるほどの範囲を誇るため、苦無を無数に突き刺した“鬼”に対して絶大な威力を発揮する。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、3月26日に開催される“『討鬼伝2』最速体験会「モノノフ 出陣式2016年春」”のニコニコ生放送の中継ページURLが公開されています。初公開となるPS4でのゲームプレイに加え、重大発表も予定しているとのこと。こちらもお見逃しなく。

■イベント名:『討鬼伝2』最速体験会「モノノフ 出陣式2016年春」生中継
■放送日時:2016年3月26日(土)13時~
■URLhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv256124009

『討鬼伝2』は、2016年発売予定です。

(C)コーエーテクモゲームズ All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

    『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  3. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  4. エンディングが分岐するVR映画『眠れぬ魂』4月上旬リリース…森の奥に眠る真実にPSVRで迫れ

  5. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  6. 『オメガラビリンス』は手でヌケて“言葉責め”することも可能!ローグライク要素が続々判明

  7. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』に新ジョブ「侍」登場! 「必殺剣」を使う近接物理DPSに…冒険の舞台や新たなる物語の情報も

  8. 【インタビュー】“おっぱい”と口にすると胸が膨らんじゃうプロデューサーに『オメガラビリンス』の魅力をたっぷり訊いた

  9. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  10. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

アクセスランキングをもっと見る