最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【特集】みんなそれぞれのポケモンの思い出(7)「目指せ、1日1万歩!『ポケットピカチュウ』と共に歩いたあの日」

【特集】みんなそれぞれのポケモンの思い出(7)「目指せ、1日1万歩!『ポケットピカチュウ』と共に歩いたあの日」

2016年3月16日(水) 22時00分

今年は、『ポケットモンスター』20周年記念イヤーです。ゲーム発売当時、会社員だった私は、同僚がプレイしていた『ポケットモンスター』のピカチュウに心を奪われました。

そんな私にとって忘れられない『ポケットモンスター』の思い出とは、「ポケットピカチュウ」です。ゲームの方じゃなくてすみません。でも当時、手に入りにくかった「ポケットピカチュウ」には異常なまでの思い出があるのです。

1998年3月、やっとの思いで手に入れた「ポケットピカチュウ」はいわゆる「歩数計」です。歩くことで液晶画面の中に住んでいるピカチュウと交流できるという、ピカチュウ好きにはたまらないシロモノでした。

私が歩けばピカチュウも歩き、歩きまくれば三輪車に乗ったピカチュウや竹馬に乗ったピカチュウが見られるため、とにかく必死で歩きました。普段、車に乗ってばかりで歩きもしなかった私でしたが、このときは1日1万歩を目標にピカチュウと共に歩きまくって健脚に。……どういうわけか痩せなかったのは内緒です。

仕事中、無駄にうろうろしていたので明らかに変な人だった私。しかし、心優しい仕事仲間たちは見て見ぬ振りをしてくれていました。もちろん、仕事は真面目にしっかりと! でも、変な人でした。時間限定の仕草を見るためにときどき歩数計を確認することを忘れなかったので、余計に変な人だったでしょう。

あれからかなりの時間が経ちましたが、私は相変わらずピカチュウが大好きです。でも今は、まったく歩いていません。体力がヤバイです。ポケモン20周年のこの機会に、「ポケットピカチュウ」を家の中から探し出す必要があるかもしれません。

(Article written by さかまきうさろーる)

任天堂アクセスランキング