最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
人工知能 vs プロ棋士、世紀の囲碁対決は人類側が1勝4敗で終局

人工知能 vs プロ棋士、世紀の囲碁対決は人類側が1勝4敗で終局

2016年3月15日(火) 20時31分
  • 第5戦の終盤(囲碁プレミアムの中継画面より)の画像
    第5戦の終盤(囲碁プレミアムの中継画面より)
  • 勝利が確定した後の、デミス・ハサビス氏のツイートの画像
    勝利が確定した後の、デミス・ハサビス氏のツイート
  • 『Google DeepMindチャレンジマッチ』全5局の結果(囲碁プレミアムの中継画面より)の画像
    『Google DeepMindチャレンジマッチ』全5局の結果(囲碁プレミアムの中継画面より)

 『Google DeepMindチャレンジマッチ』全5局の最終戦が、15日に行われた。前回の第4戦で勝利した李世ドル氏に連勝の期待がかかったが、第5戦に敗北。プロ棋士と人工知能の対局は、1勝4敗の結果に終わった。

 Google傘下のDeepMindが開発した人工知能「アルファ碁」(AlphaGo)と李世ドル氏の対局は、現地・韓国でも大きく注目され、KBS放送は、通常放送を取り止め、対局をライブ中継した。アルファ碁は、第5戦で大きなミスと思われる手を打ち、序盤から苦戦。DeepMind社CEOのデミス・ハサビス氏は、「アルファ碁は、ゲーム序盤に悪いミスをした。しかしいま、懸命に挽回しようとしている」と、対局中にツイート。自身の人工知能を応援した。

 一方の李世ドル氏は、さらに攻め込もうとし、お互い時間ぎりぎりまで使い切る熱戦となったが、最後に力及ばず敗退。アルファ碁が勝利した。

 デミス・ハサビス氏は、「アルファ碁が第5戦に勝った! 信じられないような、歴史に残る対局の1つだった。序盤のミスを挽回できたのは衝撃的だった」とコメント。そのうえで「歴史的な対局を生み出した、天才・セドル氏とアルファ碁チームを祝福したい」と、双方に感謝の念を述べている。

(原題:人工知能がプロ棋士に勝ち越し! 世紀の囲碁対決は人間側が1勝4敗で終局)
(Article written by 冨岡晶@RBB TODAY)

その他アクセスランキング