人生にゲームをプラスするメディア

俺ちゃんの予告が始まるよ。映画「デッドプール」最新映像到着

その他 映画

 
  •  
2月12日より全米で公開された、マーベル・コミック史上最も規格外のヒーロー『デッドプール』。R指定作品歴代No.1のオープニング記録のみならず、まさかの世界120か国で初登場1位(2月29日時点)、全米3週連続1位の快挙を達成した本作から、そんな大ヒットなど“ヨユー”とでも言いたげな、“おふざけ感”たっぷりの特報映像が解禁となった。

本作は、元特殊部隊員がいかにして不死の体となり、超絶な戦闘能力を持つに至ったかを描く“デッドプール”誕生のストーリー。ヒーローらしからぬ明るい毒舌家、デッドプールこと主人公のウェイド・ウイルソンを演じるのは、ブレイク・ライブリーとのおしどり夫婦ぶりでも知られるライアン・レイノルズ。

2010年「ピープル」誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選ばれ、2016年には「最もセクシーなパパ」にも選出されて、結婚後もその魅力はさらに増すばかり。昨年は『白い沈黙』『ハッピーボイス・キラー』『黄金のアデーレ 名画の帰還』とジャンルの異なる出演作が続々と日本公開され、注目度アップ。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でも演じたデッドプール役で、肉体派俳優としてもその地位を確立させている。



まず、今回届いた映像では「やあ、デッドプールだよ。準備はいいかい? 俺ちゃんの予告が始まるよ。瞬きするな」と、メッセージを送るデッドプールの姿からスタート。その後、「ウィルソンさん、我々は君のがんを治し、素晴らしい力も与えよう」と、不敵な笑みを浮かべる怪しげな男が現れる…。実は、デッドプールこと元特殊部隊員ウェイド・ウイルソンは末期がんで余命わずかだと知り、恋人と途方に暮れていたのだ。ところが、手術台の上では不安げな表情を浮かべていたが、次のシーンでは一転、明るく「イイネ!」と声を上げる彼の姿が!

「俺はスーパーだが、ヒーローじゃない。でも愛する彼女が狙われたら、スーパーヒーローになっちゃうよ」と語るデッドプール。彼は世界のためでも、人類のためでもでもなく、自分のためだけに闘う、マーベル史上最も無責任で自己中心的なアンチヒーローだった!? 時には両手に剣を、時には銃を手に、時には敵を待つ暇つぶしに落書きもしたり、バトルの真っ最中でも「家の暖房切ったっけ?」と言ってみたりと、誰もが思い描く“ヒーロー像”を原型なく、破壊していく――。

だが、ダーク・ユーモアを交え軽口を叩きながらも、次々と敵を倒していくデッドプールの高すぎる戦闘力とアクロバティックなアクションの連続には思わず吹き出してしまうほど。全世界を席巻する規格外ヒーローの活躍に、ますます期待高まる映像となっている。

『デッドプール』は6月3日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《cinemacafe》

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『イナズマイレブン』最新情報に話題集中…羊を増やすカードゲームや『スパロボV』などの注目作にも注視

    【週刊インサイド】『イナズマイレブン』最新情報に話題集中…羊を増やすカードゲームや『スパロボV』などの注目作にも注視

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

    美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  4. 「ガンダム サンダーボルト」音楽・菊地成孔がソロライブ開催…ガンダムサウンドがフリージャズに変貌

  5. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  6. アニメ「妖怪ウォッチ」米国ディズニーXDで第2シーズン突入

  7. 1億5000万回再生の恐怖映像「Lights Out」が映画化!シーンカット画像が到着

  8. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  9. 【昨日のまとめ】美少女プラモデルの歴史書が発売、MD&銃型コントローラーでプレイする「スプラトゥーン ハック!」、“結月ゆかり”が等身大フィギュアに…など(6/25)

  10. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

アクセスランキングをもっと見る

page top