最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

『白猫』に続く"プロジェクト"に、コロプラが新作マルチハンティングRPG『ドラゴンプロジェクト』を発表

2016年3月10日(木) 16時10分
『白猫』に続く
『白猫』に続く"プロジェクト"に、コロプラが新作マルチハンティングRPG『ドラゴンプロジェクト』を発表

スマホゲーム大手のコロプラは本社で記者発表会を開催し、新作マルチハンティングRPG『ドラゴンプロジェクト』を2016年春にリリースすると発表しました。マルチプレイで巨大なドラゴンの狩りを楽しめるRPGです。

本作のプロデューサーを務める同社取締役 Kuma the Bear開発本部長の森先一哲氏は「『白猫プロジェクト』に続く"プロジェクト"という名前を冠した作品として恥じないゲーム」と説明。『白猫プロジェクト』開発時と比べても更に、ニーズが多様化し、プレイヤースキルが上がり、端末スペックも向上した今、コロプラが作るべきものは何か、という議論から誕生したのが本作だそうです。

プレイヤーは王都アルテアをスタートし、ドラゴンがうようよする広大な世界に旅立ちます。本作の特徴となるのは巨大なボスドラゴンとのガチバトル。片手剣、大剣、双剣、槍、弓という5種類の武器を使い分け、最大4人のパーティを組んで戦いを挑んでいきます。ドラゴンを倒して手に入れる素材を集め、合成し、武器や防具を生成して強化していきます。ロンチ時から約1700種類の装備が準備されているとのこと。



マルチでのハンティングは非常に気軽で、街を出てフィールドに出るとオンラインの他のプレイヤーの姿もあるという形。進んでいき、ボスが出現すると、同じ空間に居るプレイヤーの中から戦いに同意した最大4人がマッチングされボスに挑みます。もちろん、『白猫プロジェクト』のように簡単に部屋を作り知り合い同士で挑むこともできます。ハンティング中にはチャットやスタンプでコミュニケーションが取れます・

体験会では触りの部分を体験できましたが、街もフィールドも非常に美しいというのが第一印象。ハンティングはそれなりに激しいアクションとなりますが、同社が生み出した「ぷにコン」のお陰で、操作に悩んだり躓いたりすることはありませんでした。森先プロデューサーも「ストレスなく爽快なアクションが体験できると思います。操作性は良いと自負している」と話していました。巨大だったり、素早かったり、特徴のあるドラゴンを他のプレイヤーと狩る連帯感は本作でも楽しめそうです。



フィールドを巡りドラゴンを探したり、街の人の依頼を受けたクエストに挑み、素材を集め、装備を生成し強化して、またドラゴンに立ち向かっていく、というのが本作の基本的なフローとなります。発表会では詳細は語られませんでしたが、課金部分については「このフローを壊さないような方法を考えている」とのことでした。体力制は持たず、「ドラゴンを狩りたいだけ狩れる」との発言もありました。

プレイヤーを導いてくれるキャラクターとして登場するパメラ役には元SKE48の秦佐和子さんが声を当てているとのこと。

コロプラでは本日より事前登録を開始。LINE@の「ドラゴンプロジェクト」をフォローするだけです。友だち登録の総数に応じてサービス開始時にプレゼントが用意されていて、ここでしか手に入らない王都アルテアの特製装備シリーズを手に入れるチャンスです。目標は10万人、素敵なデザインでもありますので是非登録を!正式リリースは春の予定です。



※画面は開発中のため、変更になる可能性があります

  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
  • 『白猫』に続く
(Article written by 土本学)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング