人生にゲームをプラスするメディア

ポケモン新作ゲームはAIと共闘するボードゲーム!アプリ『ポケモンコマスター』発表

モバイル・スマートフォン iPhone

 
  •  
  •  
  •  
  •  
株式会社ポケモンとHEROZは iOS/Androidアプリ『ポケモンコマスター』を発表しました。

「ポケモン」アプリ最新作である『ポケモンコマスター』は“ポケモンのフィギュア”を使って戦う戦略対戦ボードゲームで、沢山の異なる特徴をもつポケモンフィギュアを集めて組み合わせ、自分だけのデッキを作ってバトルを楽しむことができます。目的は自分と相手が交互にフィギュアを動かし、先に相手陣地のゴールにたどり着くことです。



開発は、現役プロ棋士に勝利した実績をを持つAIを生み出したHEROZが担当。もちろん本作品にもAIが搭載されますが、テーマは「競争」ではなく「共闘」に。具体的には、「プレイヤーはデッキの組み合わせや戦略を考え、AIはプレイヤーが考えたデッキを対局でどう動かすかを考えます。」という遊びが体験できるようです。

■株式会社ポケモン・石原恒和氏のコメント
「ポケモンを捕まえて、育てて、戦う」というポケモンの遊びのメカニズムを、将棋・囲碁のようなボードゲームと組み合わせて、HEROZさんの最先端のAI開発技術でさらに進化させたのが『ポケモンコマスター』です。『ポケットモンスター』シリーズではプレイヤーのパートナーはポケモンでしたが、今作ではさらに、頼りになるAIが新たなパートナーとして加わりました。プレイヤーはデッキの組み合わせや戦略を考え、AIはプレイヤーが考えたデッキを対局でどう動かすかを考えます。AIの存在により、『ポケモンコマスター』は、ポケモンとボードゲームのもつ戦略性の高さを好まれる方にはもちろん、多くの方に楽しんでいただけるゲームに仕上がりました。「ポケモンとAI」のコラボレーションによる新たな遊びを、楽しんでいただければと思います。

■HEROZ・林隆弘氏のコメント
『ポケモンコマスター』では、ポケモンとHEROZの最先端のAIがコラボレーションしました。HEROZのAIは、「競争」ではなく「共闘」をテーマに設計されています。AIとの対決よりも、AIが人を助け、時には人がAIを助けるといった、AIとの共闘関係を体験し、楽しんでもらえればと思っております。 AIと共に戦うという新しい遊び方は、ボードゲームの世界に一石ではなく、隕石を投じるくらい、世界を驚かせることができるのではないかと期待しています。ポケモンが、より一層光輝くことに貢献できたらこの上ない喜びです。

■HEROZ・平岡拓也氏のコメント
『ポケモンコマスター』のAIは、一般的なボードゲームのAIと同様に、考えられる全ての”次の一手”を試行し、勝率が高い一手を判断します。『ポケモンコマスター』というゲームは、多くのポケモンフィギュアが登場し、将棋のように動かして遊ぶゲームです。どこに動かすか先を読む事が大切ですが、ポケモンの重要な要素である運も非常に大切です。多くの種類のポケモンフィギュアや運の要素も含めて、先を読む非常に高度な処理を行っています。 近年、AIはどんどん賢くなっています。『ポケモンコマスター』のAIも、対局の記録(棋譜)を用いてどんどん賢くなっていきますので、対局で迷ったときは、このAIの力を借りて最良の一手を打ってみて下さい。ボードゲーム初心者の方も安心して『ポケモンコマスター』を楽しめるようになっています!

『ポケモンコマスター』は2016年春サービス予定。プレイ人数は1人で、オンライン対戦に対応しています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

    『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

  2. 映画「君の名は。」がLINEスタンプに…「お前は誰だ?」や“バカ”“あほ”などのシーンも

    映画「君の名は。」がLINEスタンプに…「お前は誰だ?」や“バカ”“あほ”などのシーンも

  3. 『モンスト』3周年キャンペーンに上島竜兵を起用!「モンストハッピーくじ」や熱湯風呂フォトブースなどが登場

    『モンスト』3周年キャンペーンに上島竜兵を起用!「モンストハッピーくじ」や熱湯風呂フォトブースなどが登場

  4. 9月30日にサービス終了の『アリスオーダー』、思い出を保管できるIDカードのダウンロードを実施中

  5. 『オルタナティブガールズ』ニコ生で発表された新情報まとめ、水着イベント&ガチャ・新VRゴーグル・温泉VR体験会

  6. 『シャドウバース』第2弾パック「Darkness Evolved」配信! ログインでパックチケット10枚配布も

  7. 「XFLAG PARK 2016」で『モンスト』新情報が続々公開!「エクリプス」「ナナミ」「ウリエル」などが獣神化

  8. 【特集】『アトム:時空の果て』手塚眞×松山洋×イバイ・アメストイ直撃インタビュー! 彼らが感じる手塚治虫作品の魅力とは

  9. 声優・小野大輔のLINEボイススタンプが登場!「もす。」「マジでか?」など珠玉の24フレーズ

  10. 【TGS2016】「バカボン」と『バイオ』がまさかのコラボ!ホラーADV『バカハザ』今秋配信

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top