人生にゲームをプラスするメディア

Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?

その他 全般

Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
  • Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
  • Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
  • Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
  • Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
  • Amazon日本がゲームの海外発送に対応、新たな“爆買い”始まる?
本記事では、海外在住のユーザーに向けてゲームソフト/ハードの個人輸入に対応した「Amazon.co.jp」に大きな反響を寄せる人々のコメントをご紹介。ローカライズが為されていない日本産のゲームや、海外未発売のタイトルを直接購入しようと試み、喜びに溢れている「海外ゲーマーの声」をお届けします。
英語表記のブラウジングに対応し、ゲーム関連の商品案内や海外配送も可能となった日本Amazon。これを発見した海外ゲーマー達はフォーラムの中で「どうやらTwitterユーザーが注文に成功したらしい。輸入サイトに別れを告げる時が来たかな?」「財布よ、安らかに眠れ」「俺たち“baka gaijins”なんだから、言語設定を英語に変えるのを忘れるなよ」と、自虐的な冗談も交えた強いリアクションを送っています。本やCDの個人輸入を経験したことのあるユーザー曰く、ゲーム購入においてはかなり「面倒くさい」手続きが必要だったのだとか。

続いて「日本円のPSNカードって動作するのかな?」「ホワイトバージョンのPS4は購入できなかったけど『雷電V』は購入できた」といったシステム面への疑問や検討にまつわるコメントが殺到し、システム面における憶測が話題になります。「Amazon.co.jpが販売する商品のみが海外発送に対応している」と気付いた彼らは米国クレジットカードの利用や日本版Amazonプライムの加入についてもディスカッション。慌ただしくも無事に対応確認が取れて以降では、「Amiibo」、限定カラーの「DUALSHOCK 4」、更には箱入りの「スーパーファミコン」に加えて『スーパーマリオブラザーズ』やゲームボーイ版『ポケットモンスター』といった、コレクターアイテム的商品を求める声も見られていました。





もはや外国人観光客向けギフトショップのような様相を呈している状況ですが、いま彼らにとって重要なのは「シッピング」であるご様子。日本在住のゲーマーが海外ショップサイトを利用するのと同様、コストや配送形態はやはり気になるようです。シッピングについてはユーザーによってまちまちの疑問が残っているものの、「Amazon.co.jpは新しい選択肢としては素晴らしい」とのこと。ジャパニメーション原作のゲームや特典付きアイテムを注文、そのスクリーンショットを見せびらかすように投稿するユーザーが多く現れており、総合的に見ても大好評と言って差し支えない歓喜のコメントが多数寄せられていました。
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  4. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  5. 『夢色キャスト』×「スイパラ」コラボカフェ開催決定!池袋店で3月3日より実施

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  8. すごーい!たっのしー!“フレンズ化現象”を巻き起こす「けものフレンズ」って一体!?

  9. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  10. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

アクセスランキングをもっと見る