人生にゲームをプラスするメディア

衣装破壊を取り入れた『ガールズミッション』に「僕の知ってる『メダロット』じゃない」の声…本作が担う役割とは?

任天堂 3DS

衣装破壊を取り入れた『ガールズミッション』に「僕の知ってる『メダロット』じゃない」の声…本作が担う役割とは?
  • 衣装破壊を取り入れた『ガールズミッション』に「僕の知ってる『メダロット』じゃない」の声…本作が担う役割とは?
  • 衣装破壊を取り入れた『ガールズミッション』に「僕の知ってる『メダロット』じゃない」の声…本作が担う役割とは?
シリーズ最新作となる、3DSソフト『メダロット ガールズミッション カブトVer./クワガタVer.』が、いよいよ3月10日に発売を迎えます。

1997年に発売された初代を皮切りに、ナンバリングタイトルを9作リリースしている『メダロット』シリーズ。このほかにも『DUAL』や『パーツコレクション』シリーズといった多彩な展開も見せており、アニメや漫画などのメディアミックスも実現しています。



そして、これまでの『メダロット』シリーズとはまったく異なるアプローチと挑戦を行うのが、『メダロット ガールズミッション』となります。本作には魅力溢れる美少女ばかりが登場し、そのビジュアルだけでもひと味もふた味も違います。またゲーム面においても、メダロッターの衣服をも吹き飛ばす「ハイパーフィニッシュ」と呼ばれる刺激的なシステムを搭載。まさに、目の離せない新作となりました。

これらの要素が発表された際には反響も大きく、また賛否が分かれる向きもありました。ファンの一部からは、「僕の知ってる『メダロット』じゃない」との声もあがっており、戸惑いや困惑を覚えた方も少なからずいる模様です。

『メダロット』によるバトルという核は同じものの、これまでにない切り口を盛り込んだのは間違いありません。シリーズの主流と比べてみると異色と見られてもおかしくない『ガールズミッション』には、どのような狙いがあったのか。そんなファンの疑問に、『メダロット』シリーズに深く関わるほるまりん氏が答えました。

ほるまりん氏は自身のブログにて、本シリーズは長く休眠していたためシリーズの再起動に気付いていない旧来のファンも多いと述べ、「いつものと毛色の違うガールズミッションが話題になって、シリーズ再起動を知らない方々にまで知られると良いなぁと、思うわけです」と、以前のシリーズ作を楽しんだ方々に再起動を知らせる狙いがあったことを明かします。


確かに本シリーズは、2001年に『メダロット5』をリリースさせた後、ナンバリング第6作目となる『メダロットDS』が登場したのは2010年になります。約9年に渡る休止期間に離れてしまった方がいても、なんら不思議ではありません。『メダロット』が好きな方々に、「え、何? アレまだ続いてるの?」と伝える役割も担っている『ガールズミッション』。この狙いが実を結んだか、その結果は今後明らかとなることでしょう。

『メダロット ガールズミッション カブトVer./クワガタVer.』は、2016年3月10日発売予定。価格は、それぞれ5,800円(税抜)です。

(C)2016 Rocket Co., Ltd. / cImagineer Co., Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top