人生にゲームをプラスするメディア

対戦可能なけん玉「電玉」が凄い!視覚と競技性に優れたそのシステムとは

その他 玩具

対戦可能なけん玉「電玉」が凄い!視覚と競技性に優れたそのシステムとは
  • 対戦可能なけん玉「電玉」が凄い!視覚と競技性に優れたそのシステムとは
自宅に居ながら世界対戦も可能な、ユニーク溢れる“けん玉”に関するプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて支援を募っています。

このけん玉「電玉」にはIoT技術が用いられており、インタラクティブな対戦を実現。センサーが搭載されているため、基本的な技だけでなく「飛行機」や「灯台」といった技も判別し、友達や親子はもちろん、世界中のけん玉プレイヤーと共に楽しめる玩具です。


アプリと連動することで、これまでにない遊び方を提案する「電玉」には、二人で競い合う「ジンダッシュ」や、練習をサポートしてくれるシステムも用意。またクラウドファンディング成立以後は、さらに魅力ある製品を目指すブラッシュアップも行われます。



本プロジェクトの目標金額は990,000円ですが、すでに742,550円の支援が集まっています(記事執筆時点)。確定までは達していませんが、残り日数が58日残っているため、成立の見通しはかなり高いと言えるでしょう。

この「電玉」の販売予定価格は13,000円(税抜)ですが、割安で購入できる支援も用意されているので、心動かされた方はまず告知ページを確認してみてはいかがでしょうか。そちらでは紹介映像も公開されているので、合わせてどうぞ。

■うちに居ながらにして、けん玉で世界対戦ができる!?IoTけん玉「電玉」先行販売
URL:https://www.makuake.com/project/dendama/
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

    集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 『NINJA GAIDEN』新プロジェクト始動か…作曲家・山岸継司がツイート、新情報は7月

    『NINJA GAIDEN』新プロジェクト始動か…作曲家・山岸継司がツイート、新情報は7月

  4. 『Fate/Grand Order』の「ギルガメッシュ」がfigmaに!霊基再臨の三段階目の姿も再現可能

  5. AC『ディシディア FF』に「ケフカ」参戦!登場は6月30日から

  6. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定

  8. 「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を村上隆が描く!コラボビジュアル第3弾公開

  9. ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

  10. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

アクセスランキングをもっと見る

page top