人生にゲームをプラスするメディア

『METAL GEAR SOLID』シリーズに見る小島監督の変遷

その他 全般

『METAL GEAR SOLID』シリーズに見る小島監督の変遷
  • 『METAL GEAR SOLID』シリーズに見る小島監督の変遷
  • 『METAL GEAR SOLID』シリーズに見る小島監督の変遷
  • 『METAL GEAR SOLID』シリーズに見る小島監督の変遷
本記事では、国内外のファンから次なる動向が期待されている小島秀夫監督のクリエイティビティーに寄せられた「海外ゲーマーの声」をご紹介します。特に『メタルギアソリッド3 スネークイーター』に前後する作品に焦点を当てつつ、小島監督の『METAL GEAR SOLID』シリーズ開発者としての変遷にクローズアップした声をお届けします。


とある海外フォーラムユーザーが語るところによれば、シリーズの中でも『MGS 3』および『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』以降から作品性に大きな変化が見られてきたとのこと。具体例としては「映画的演出」。近年の『MGS』シリーズに見られるリアリズム、そして『MGS 2』までに見られたアクロバティックな映画風アクションは明確な変化として感じられており、「これは新生コジマプロダクションにも期待できることだけど、『MGS V: TPP』は映画的な演出から脱してゲームプレイ中心のアプローチをとっていたのが嬉しかった」と言った声も寄せられていました。


そして『MGS』『MGS 2』で見られるような「“怪物的”なアメリカの存在」、「ゲーム内歴史への関心」が欠けたことも大きなポイントである模様。福島智和氏の離脱も理由と見られており、「(福島さんがいれば)シリーズにここまでの大きな変化は起こらなかったと思う」「『MGS: PW』はキッズ向けになって、『MGS V: GZ』はメカも超常的な出来事も起きないどんよりとした作品になっていたかも」などのコメントも。更に、「過去のシナリオや設定を気にしなくなった」「『MGS: PW』や『MGS V』でフィーチャーされていたテクノロジーは現実的ではない」と、こちらも賛否が分かれる「変化点」として挙げられていました。


ゲームプレイとシネマティックな演出は二分して比較できるものではありませんが、映画的な作風を見た海外のゲーマーは小島秀夫監督を「素晴らしいコラボ相手と偉大な作品、まさにビデオゲーム版ジョージ・ルーカスだ」とまで評価。「彼のハチャメチャなアイデアを解き放つ技術が産まれたり、それをコントロールすることができるようになったら、私達は大変な目に遭うかも」と、悲喜こもごもな期待まで抱かれているようでした。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

    2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

  2. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  3. 「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

    「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

  4. 『ソウルキャリバー』生誕20周年記念映像!シリーズの歴史を振り返る

  5. 『Fate/EXTELLA』ネロ・玉藻の前・アルテラがウォークマンやヘッドホンに! オリジナルパッケージでお届け

  6. 【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

  7. 【昨日のまとめ】PS Vita版『PSO2』のアップデート容量が16GBのメモカを超える見込み、「PlayStation Experience 2016」開催スケジュール、VR空間でプラモを作る 『Monzo VR』…など(12/3)

  8. 【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

  9. セガ、「セガフェス」チャリティの売上金額を発表―お金は被災地支援NPOに全額寄付

  10. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top