人生にゲームをプラスするメディア

企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった

その他 全般

企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった
  • 企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった
3月2日より日本科学未来館で開催されている企画展「GAME ON」。会場にはゲームの歴史を彩る名作150タイトル以上がプレイでき、ビデオゲーム界隈では大きな盛り上がりを見せています。なお、同企画展は2002年に英国ロンドンのバービカン・センターを皮切りに世界中で開催され、これまでに200万人以上が来場しています。

その一方で、名作として知られるATARI版『スターウォーズ』が「筐体は本物だが、ゲーム自体はエミュレーターで動作しているのでは?」と一部で話題になっていました。ATARI版『スターウォーズ』は1983年にリリースされたアーケードゲームで、独特の雰囲気が美しいベクタースキャン方式のグラフィックを採用。ところが「GAME ON」に出展されているものは、このベクタースキャンの見え方に違和感があったのです。また、レスポンスの悪さも今回の疑惑に繋がりました。

そこで日本科学未来館の担当者に事実確認を行ったところ、エミュレーターで動作していたことが発覚しました。そもそも今回の筐体は、バービカン・センターで開催された「GAME ON」で使用されたものを展示。今回の発覚に伴い、3月7日よりプレイアブル展示から“筐体展示のみ”に変更されました。近日中に「特設サイト」にてお知らせが掲載される予定です。

なお、今後の運用としては「現在、オリジナルのシステムで再開できるよう調整を進めております。」とのこと。続報が入り次第お伝えします。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  2. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. 『夢色キャスト』×「スイパラ」コラボカフェ開催決定!池袋店で3月3日より実施

  7. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  8. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  9. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  10. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

アクセスランキングをもっと見る