人生にゲームをプラスするメディア

陸上自衛隊の新「輸送防護車(MRAP)」一般初公開

その他 全般

陸上自衛隊・広報センターで開催されたイベントで一般初公開となった輸送防護車(MRAP)。
  • 陸上自衛隊・広報センターで開催されたイベントで一般初公開となった輸送防護車(MRAP)。
  • タレス・オーストラリア社製で、「ブッシュマスター」が一般的な名称となる。
  • 日本向けに導入されたのは輸出仕様の右ハンドル車。
  • MRAPは対爆性能に優れており、外観からも装甲の厚さがわかる。
  • キャタピラー社(CAT)製のエンジンを採用している。実は同社製の重機と同じもので、日本国内でも部品の入手がしやすいという。
  • 対爆性能を高めるため、ドアは後部の1か所のみ。運転者もここから出入りする。
  • 右側面にはスペアタイヤを装着するが、すっきりとした印象。
  • 左側面にはウインチや、外部燃料タンクを装備する。
陸上自衛隊は5日と6日、朝霞駐屯地(東京都練馬区)にある広報センターで開催したイベントにて、配備が開始されたばかりの「輸送防護車(MRAP)」を一般向けに初めて公開した。海外で発生した有事に日本人が巻き込まれた際、救出活動に使うことを想定している。

輸送防護車は「MRAP(エムラップ=Mine Resistant Ambush Protected)」と呼ばれるもので、対爆性能に優れた装甲車両を示す。陸上自衛隊が導入したのはタレス・オーストラリア製の車両で、一般的には「ブッシュマスター」という名称で呼ばれている。

走行中に踏んだIED(即席爆発装置)や地雷などが炸裂した際の衝撃を左右に逃すため、底部がV字構造となっているのが最大の特徴。車体全体が強固な装甲板で覆われており、防弾性にも優れている。

車両は宇都宮駐屯地(栃木県)に所在する中央即応連隊に配備されており、有事の際には海外に運んで使うことになるという。

陸上自衛隊、邦人救出用の輸送防護車を一般初公開

《石田真一@レスポンス》

その他 アクセスランキング

  1. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  2. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

    なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

  5. 『テイルズ オブ ベルセリア』主人公ベルベット・クラウが1/8フィギュア化!

  6. “手塚治虫タッチの初音ミク”公式イラストが公開!手塚アニメ楽曲の初CD化も決定

  7. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  8. モリガンのナースVer.フィギュア発売開始―やばい、妖艶すぎる…!

  9. 奥さんとの青春を記したレトロゲーム恋愛小説「モノクローム・サイダー」書籍化決定!文体はエッセイ調に変更

  10. KADOKAWA、電子書籍キャンペーンを開催! 「ダンジョン飯」「小説 君の名は。」などが対象に

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top