人生にゲームをプラスするメディア

中村悠一、朴ロ美ら出演、東映アニメ×I.Gの朗読劇第2弾制作決定「Relic ~tale of the last ninja~」

その他 アニメ

(C) Theatrical-live『Relic』製作委員会
  • (C) Theatrical-live『Relic』製作委員会
東映アニメーションやプロダクション I.Gなどが仕掛ける新感覚朗読劇シアトリカル・ライブの第2弾の制作が発表された。『Relic ~tale of the last ninja~』だ。キャストには中村悠一、朴ロ美、蒼井翔太、井上和彦など錚々たるメンバーが顔を揃えた。期待の高まる舞台となっている。
シアトリカル・ライブは2015年10月に第1弾『みつあみの神様』が上演され好評を博した。今回はそれに続く企画である。

『みつあみの神様』では今日マチ子原作を『PSYCHO-PASS サイコパス』総監督の本広克行が総合プロデュースを行った。諏訪部順一、花澤香菜、小林裕介といった人気声優の出演が話題を呼んだ。
今回は江戸時代に実存した風魔忍者最後の棟梁である風魔小太郎の捕縛劇を背景にした完全オリジナルストーリーとなっている。まさに新しいかたちのエンタテインメントへの挑戦だ。

舞台演出と脚本には前作に引き続き、藤沢文翁。数々の朗読劇に実績があり、ドラマやアニメ、新作落語などマルチな方面で活躍する才能を今回も活かす。そして音楽監督には世界で活躍する津軽三味線奏者である吉田兄弟の兄・吉田良一郎が起用された。
藤沢と吉田、そして主演の中村は2012年にも一度『SAMURAI.com 叢雲-MURAKUMO-』という朗読劇を制作している。もしも戦国時代にブログ文化があったら、という斬新なアイデアで好評を博した舞台だっただけに、今回の舞台がどんな趣向となるか興味深い。
朗読劇×映像×音楽×パフォーミングアートで今までにないド派手な音楽朗読劇を目指す本作。豪華な出演者と実績あるスタッフたちがどのような舞台を作り上げるか、注目したい。

『Relic ~tale of the last ninja~』
公演期間: 2016年5月28日(土)~29日(日) 計4回公演
会場: 品川ステラボール(東京都港区高輪 4-10-30)
チケット販売: チケットぴあ 3 月7 日(月)11時~ 先行抽選 3月28 日(月) 10時~ 一般発売
(C) Theatrical-live『Relic』製作委員会
《尾花浩介》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  10. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

アクセスランキングをもっと見る