人生にゲームをプラスするメディア

今度は栃木と戦争か!?「群馬県から来た少女GX」3月19日発売、ちょっと違う電子版も

その他 全般

今度は栃木と戦争か!?「群馬県から来た少女GX」3月19日発売、ちょっと違う電子版も
  • 今度は栃木と戦争か!?「群馬県から来た少女GX」3月19日発売、ちょっと違う電子版も
  • 今度は栃木と戦争か!?「群馬県から来た少女GX」3月19日発売、ちょっと違う電子版も
ライトノベル「世界最後の魔境・群馬県から来た少女」の続編となる「世界最後の魔境 群馬県から来た少女GX」が、2016年3月19日にリリースされます。

「群馬王」の復活を願うと共に、世界支配を夢見る「群馬県から来た少女」コヨトル。今は、「群馬王」の血を受け継ぐ羽柴グンとキャッキャッウフフな学園生活を送っていましたが、彼女たちの平穏を乱す存在となる「栃木から来た少女」トチギーナが登場。今度も波乱の展開を予感させる物語が、こうして幕を開けます。

なお、作中における「群馬県」は、ネットの一部で囁かれた「ものすごい田舎。田舎を通り越して秘境」といったイメージを誇張したものとなっており、また今回描かれる「栃木県」に関しても同様の表現を用いているとのこと。「群馬県&栃木県の人、どうか広い心で……怒らないで!」との一言も添えられており、どんな誇張表現が行われているのか逆に興味をかき立てられます。

なお書籍版のイラストは新谷真昼さんが担当していますが、電子版の挿絵・表紙は、著者である日下一郎さんが手がけています。また内容的にも、書籍版と電子版では少し異なる部分があるとのこと。どちらをチョイスするか、いっそ両方買ってしますか、実に悩ましい問題と言えそうです。発売日までまだ少し時間があるので、じっくり考えておきましょう。


《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

    【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  5. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  6. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  7. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  8. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  9. 「刀剣乱舞-花丸-」デザインのTカードが登場、「三日月宗近」「加洲清光」などが集合した描き下ろしデザイン

  10. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

アクセスランキングをもっと見る