人生にゲームをプラスするメディア

名作ボードゲーム『ラブレター』に“クトゥルフ”要素をプラスした『ラブクラフト・レター』発表

その他 玩具

名作ボードゲーム『ラブレター』に“クトゥルフ”要素をプラスした『ラブクラフト・レター』発表
  • 名作ボードゲーム『ラブレター』に“クトゥルフ”要素をプラスした『ラブクラフト・レター』発表
  • 名作ボードゲーム『ラブレター』に“クトゥルフ”要素をプラスした『ラブクラフト・レター』発表
「ドイツ年間ゲーム大賞」にノミネートした日本生まれの名作ボードゲーム『ラブレター』に、アナログゲーム界隈でも大人気の「クトゥルフ神話」をミックスした新作『ラブクラフト・レター』が発表されました。

デザイナーは『ラブレター』と同じくカナイセイジ氏。『ラブレター』は、中世を舞台に兵士や役人の協力を得ながら愛しのお姫様にラブレターを届けるというテーマのゲームでしたが、今作は1920年代を舞台に、いろいろな人の手を借りながら、読めない文字で綴られた謎の手紙に関する調査を行うというゲームになるとのこと。


基本的なルールは『ラブレター』と共通で、各プレイヤーが順番に手札からカードを出し、その効果で他プレイヤーの手札を覗いたり、手札を交換したり、脱落させたりを繰り返しながら、最終的に数字の一番大きいカードを持っている人が勝利するゲームとなる模様。

『ラブレター』は、効果の強いカードが数字が弱かったりとするジレンマや、相手の手札を予想する腹の探り合いといったボードゲームの楽しく悩ましい要素を、5分くらいでサクサク楽しめるゲームなので、それと基本的に同じルールということであれば、ボードゲームを全く遊んだことがない人でも楽しめるはず。


さらに『ラブクラフト・レター』では、『ラブレター』で使われる基本のカードセットに加えて、恐るべき力を持つ「狂気カード」が新たに導入され、元のゲームとは異なるゲーム展開を楽しむことができるとのこと。

ちなみに『ラブレター』は、海外では「バットマン」「ホビット」「アドベンチャー・タイム」「スター・ウォーズ」といった人気のタイトルをテーマにした色んなバリエーションが販売されています。日本でももしかしたら、この手の展開がどんどん広がっていくのかも……?

『ラブクラフト・レター』は、アークライトから定価2000円(税別)で、2016年4月9日発売予定。
《傭兵ペンギン》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

    『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  4. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  5. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  10. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

アクセスランキングをもっと見る